鳥取県鳥取市鹿野 NPO法人 いんしゅう鹿野まちづくり協議会

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会

ニュース

トップページ ニュース まちづくり合宿 > いんしゅう鹿野まちづくり合宿 詳細発表!

いんしゅう鹿野まちづくり合宿 詳細発表!

2012年01月29日

 2月25,26日に行う「いんしゅう鹿野まちづくり合宿」の詳細が決定しました。

今回のまちづくり合宿は、全国のまちづくり団体(10団体)の活動発表を聞いて、ディスカッションをしたりして、それぞれが今後のまちづくり活動に活かそう、って感じです。

もっと簡単に言うと、おもしろい話いっぱい聞けるから鹿野町民、ひいては鳥取のみんな、全員集合!って感じです。

まちづくり活動をしていない方でも楽しめるお話がたくさんあると思います。参加自由なので、みなさんお気軽にお越しくださいね。

shikano_machi_omt.jpg 

ちなみに、チラシのデザインをしてくれたのは、芸術家夫婦の山根スナオさん。

 

shikano_machi_ura.jpg

上品かつおしゃれなデザイン。素敵です。

ぼくが作った節分のチラシとはまさに雲泥の差ですね。

 

タイムスケジュールは以下のようになります。

興味のあるところだけ聞きにくるのも問題ないので、お気軽にお越しください。

 

 2月25日(土) 

10:00~10:10 開会

10:10~12:00 第一幕「地域の歴史・文化を守る、活かす」

            村上真善氏(愛知県 NPO法人愛岐トンネル群保存再生委員会

            菊池聡氏(宮城県 栗原の食復活プロジェクト

12:00~13:00 昼食(おいしいカレー有)

13:00~15:00 第二幕「食を通じた地域づくり」(おふくろの味フェスタinしかの共催講演)

            木村修氏(三重県 農事組合法人伊賀の里モクモク手づくりファーム

15:00~17:10 第三幕「地域の自然・コミュニティーを守る、活かす」

            山下慎吾氏(高知県 魚と山の空間生態研究所

            原田禎夫氏(京都府 NPO法人プロジェクト保津川

            吉野立氏(鳥取県 NPO法人地域福祉ネット

17:30~18:30 鹿野まちなみ散策

18:30~21:00 交流会(会費2000円)

 

 2月26日(日) 

09:00~09:10 開会

09:10~11:00 第四幕「地域の芸術を育てる、活かす」

            桑原かよ氏(群馬県 中之条ビエンナーレ

            三上清仁氏(広島県 AIR Onomichi

            NPO法人鳥の劇場(鳥取県)

11:30~13:00 昼食(おふくろの味フェスタinしかの参加)

13:00~16:50 第五幕「地域を守る、活かす」

            辻英之氏(長野県 NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター

            松居秀子さん(広島県 NPO法人鞆まちづくり工房

16:50~17:00 閉会

 

以下は、活動発表者のプロフィールです。

面白いことやってる人ばかりなので、リンク先に飛んで予習をしておいて下さいね。 

 

第一幕「地域の歴史・文化を守る、活かす」

村上真善氏(愛知県 NPO法人愛岐トンネル群保存再生委員会

春日井勝川駅東商店街専務理事・勝川駅周辺まちづくり協議会特別部会長などを歴任。春日井町屋文化向上委員会世話人として神社での観月会、古民家やお寺で落語「春日井寄席」を毎年主宰。地域情報誌ポトスの編集長。

 

菊池聡氏(宮城県 栗原の食復活プロジェクト

1961年宮城生まれ。93年に東京よりUターン。菊池画像メディアデザイン代表。東北工業大学ライフデザイン学部 非常勤講師。なかまち振興会 庶務。食育セミナー講師、地場産品の企画販売団体「フルベース」主宰。

 

第二幕「食を通じた地域づくり」(おふくろの味フェスタinしかの共催講演)

木村修氏(三重県 農事組合法人伊賀の里モクモク手づくりファーム

農事組合法人伊賀の里モクモク手づくりファーム代表社長理事。同志社大学経済学部卒、三重県経済農業協同組合連合会に就職。のちに、当組合退職後、自然・農業・食育学習をテーマにした「伊賀の里モクモク手づくりファーム」を作り上げる。「脱・既成農業」の名の元、ユニークな手法と情熱で、人口8,700人の旧阿山町(現・伊賀市)に、年間50万人の観光客が訪れる。

 

第三幕「地域の自然・コミュニティーを守る、活かす」

山下慎吾氏(高知県 魚と山の空間生態研究所

古い民家を仕事場として、保全生態学研究、自然環境実習、地域活動支援を実施。たまに納屋飲み。博士(学術)。魚と山の空間生態研究所代表。独立行政法人土木研究所 招聘研究員。高知工科大学非常勤講師。

 

原田禎夫氏(京都府 NPO法人プロジェクト保津川

同志社大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得満期退学、博士(経済学)。専門は公共経済学、環境経済学。大阪商業大学経済学部准教授、特定 非営利活動法人プロジェクト保津川副代表理事。河川の環境保全に研究・実践の両面から取り組んでいる。

 

吉野立氏(鳥取県 NPO法人地域福祉ネット

1947年鳥取県生まれ。平成13年度より「認知症の人と家族の会鳥取県支部代表世話人」をつとめる。2004年商店街と福祉と交流の拠点づくり 「田園プロジェクト」を取り組み、全国フォーラムを開催。地域福祉を取り組むNPO法人地域福祉ネットと、まちづくりを取り組むNPO法人まちな かこもんずの立ち上げに参加、地域福祉ネットの副理事長として米子市中心市街地活性化協議会に参加、「笑い庵進化再生事業」、「みんなで畑」プロ ジェクトなどを取り組んでいる。

 

第四幕「地域の芸術を育てる、活かす」

桑原かよ氏(群馬県 中之条ビエンナーレ

群馬県中之条町生まれ、大学進学と同時に上京。東京での会社員生活を経た後2010年にUターンし、現在は町営のクリエイティブコミュニティセン ター「つむじ」で企画運営業務にあたっている。中之条ビエンナーレでは2009年から実行委員として、2010年より実行委員長として活動中。

 

三上清仁氏(広島県 AIR Onomichi

1973年鹿児島生まれ 2006年より小野環とのユニット「もうひとり」で、尾道を拠点に各地で場と関わる作品制作・ワークショップを行う。 AIR Onomichiをはじめとする展覧会、アーティスト・イン・レジデンスの企画・運営も行なっている。2010年には、鹿野にて展覧会「楽園的絵画」を企画。美術作家・AIROnomichi 総合ディレクター・なかた美術館 チーフディレクター・光明寺會舘代表として活動中。

NPO法人鳥の劇場(鳥取県)

2006年1月、演出家・中島諒人を中心に設立。鳥取県鳥取市鹿野町の廃校になった幼稚園・小学校を劇場施設へ手作りリノベーショ ン。収容数 200人の“劇場”と80人の“スタジオ”をもつ。劇団の運営する劇場として、「創る」・「招く」・「いっしょ にやる」・「試みる」・「考える」の5本柱で年間プログラムを構成。現代劇の創作・上演と併行して、ワークショップ、優れた作品の招聘、レクチャーなどを 実施する。

 

 

第五幕「地域を守る、活かす」

辻英之氏(長野県 NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター

信州のへき地・泰阜村に移住して18年。山村に根ざした山村留学や自然体験 教育キャンプ等を進めることを通して、「何もない村」における「教育」の産業化に成功した。村の暮らしの文化に内在する教育力を信じぬき、子どものみならず 青年や地域住民など、関わる人々すべてに学びがある質の高い体験活動の供をめざしている。現在、立教大、飯田女子短期大学の非常勤講師も務める。

 

松居秀子さん(広島県 NPO法人鞆まちづくり工房

広島県福山市鞆町に生まれる。1992年、鞆港埋立架橋問題が浮上する地元において、子供たちに良い環境を残そうと「鞆の浦 海の 子」を立ち上 げ、鞆港保存や環境問題に取り組む活動を開始する。2003年には、鞆港埋立架橋問題の一時凍結を受け、「NPO法人鞆まちづくり工房」を設立。 活動を「啓蒙」から「実際のまちづくり」に移行し、「空町家再生・利活用事業」を中心に展開している。

 

 

工藤

 

最終更新日:2018年8月22日