鳥取県鳥取市鹿野 NPO法人 いんしゅう鹿野まちづくり協議会

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会

ニュース

トップページ ニュース イベント情報 > 鳥の劇場で2つの"踊り"連続上演
ニュースカテゴリ 月別アーカイブ

鳥の劇場で2つの"踊り"連続上演

2011年01月20日

こんにちは、山田です。

鳥の劇場で2つの“踊り”が連続上演されます。

torigeki11s.jpg

 

torigeki12_20110120085054s.jpg

まずひとつめは、1月22、23日の「舞踏を知る、話す、観る、体験するー21世紀の舞踏」というもの。

 

「舞踏」って、踊りのジャンルのひとつのようです。どういう踊りかは、見てみないことにはわかりませんが、ぼくがつかんだ前情報では、かなりおかしなことになっていそうです(いい意味で)。

情報1:踊るのは、60代のおじさんらしい。

情報2:おじさんは、パンツ1丁で踊るらしい。

情報3:おじさんの体は、全身銀色に塗られているらしい。

情報4:おじさんは、「身体のエッジ」をキーワードに踊るらしい。

情報5:逆立ちするだけの演目もあるらしい。

以上が、ぼくがつかんだ情報です。

まとめると、「全身銀色のほとんど裸同然の60代男性が、舞台上でなにやらいろいろ動くらしい」ということになります。それは、絶対おかしいでしょ(いい意味で)。

最近、日常生活に足りてないなぁー、「エッヂ」。

という人は、ぜひ観に行ってください。おつりが出るほどもらえるはずです、「エッジ」。

 

 

 

「舞踏を知る、話す、観る、体験するー21世紀の舞踏」

◇上演 2011年1月22日(土)15:00開演

  「quick silver」

  振り付け・構成・出演:室伏 鴻

  「DEAD1」

  振り付け・構成:室伏 鴻/出演:鈴木ユキオ、岩渕貞太、河原田隆徳

◇トーク「舞踏を話す」 2011年1月22日(土)終演後

 スピーカー:室伏 鴻、中島諒人(鳥の劇場)

◇ワークショップ 「舞踏を体験する」 2011年1月23日(日)14:00~16:00

 講師:室伏 鴻、Ko&Edge.co 対象:高校生以上

 

 

 

そしてふたつめは、2月6日の『「踊りに行くぜ!!」Ⅱ 鳥取公演』です。

これは、JCDNというNPO団体が主催するイベントで、ざっくり言うと、
「鳥取で作ったり、出演者が地元の人だったりっていう、鳥取がキーワードのダンス公演だよー」ってことです。
JCDNについては→コチラ

プログラムは3つで、去年の11月に鹿野に滞在していたAAPA(過去のブログ→おしゃれな5人組おしゃれな5人組のその後)が踊ったり、鹿野の人が踊ったりします。
あなたの家の隣に住んでる、いつもまじめに生きているあの人がはっちゃけて踊るかもしれませんので、ぜひ観に行きましょう。

 

 

『「踊りに行くぜ!!」Ⅱ 鳥取公演』
2011年2月6日(日)15:00開演

◇「終わりの予兆」
 作・演出・構成:上本竜平/AAPA
 主演:朝弘佳央理、トチアキタイヨウ、永井美里
 振付:永井美里
 環境音響:國府田典明
 美術:青木祐輔

◇「CANARY-“S”の様相」
 作・演出・構成・振付:前納依里子
 振付・出演:羽生圭江、石田未来、飯塚友浩、前納依里子
 演出補佐:松尾 望

◇「ANONYM」-とりっとバージョン-
 ディレクション:岩淵多喜子
 アシスタント:太田ゆかり(Dance Theatre LUDENS)
 出演:とりっとダンス(岡田嘉一、川崎美保、佐々木ターミー、鈴木睦江、竹田健作、田中悦子、西浦幹茂、長谷川みゆき、原 朝子、松田誉史、松田洋子)

 

詳しくは→鳥の劇場ホームページ

最終更新日:2022年6月2日