鳥取県鳥取市鹿野 NPO法人 いんしゅう鹿野まちづくり協議会

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会

しかのeye

トップページ しかのeye イベント紹介 > しかの心でシンポジウム「町民ミュージカルがまちを救う」が開催されました

しかの心でシンポジウム「町民ミュージカルがまちを救う」が開催されました

2012-10-22

平成24年10月21日(日)、しかの心にて

鳥取県文化団体連合会様主催による

シンポジウム「町民ミュージカルがまちを救う」が開催されました。

はじめに鳥取県文化団体連合会々長:須崎俊雄様の挨拶にはじまり、

 米子市文化協会々会長:小谷幸久様が司会を務められパネラーの方々による

これまでの成果の発表および今後の課題についての話し合いが行われました。

myusinpo.JPG
 以下、パネラーを務められた方々を紹介させて頂きます。
 鹿野  町民ミュージカル:岡田浩四郎様
 湯梨浜 町民ミュージカル:河村祐子様 
 北栄  町民ミュージカル:永田洋子様
 淀江  ミュージカル劇団「ゆめ」:黒田昌幸様
 日野  町民ミュージカル:長住康二様
 日南  いい舞台を創る会:久代安敏様
                          (順不同)
 

皆様、町民ミュージカルを毎年続けて行うことの難しさやそのためのアイデア、
町民ミュージカルによって人を育て、人と人とをつなぎ町を活性化させていこうという思いを
あつく語っておられました。

また、町民ミュージカルを行う団体どうしのネットワークも今回のような場をより設け
深めていこうということも話し合われました。

最後に須崎様から「最初は『「町民ミュージカルがまちを救う!?』で始まったが
『町民ミュージカルがまちを救う!!』になった、とても有意義な集まりでした」と
締めの言葉を頂きました。

しかの心がこのような有意義な話し合いの場となったことをうれしく思います。

(いんしゅう鹿野まちづくり協議会事務局:佐々木啓充)

最終更新日:2018年8月22日