鳥取県鳥取市鹿野 NPO法人 いんしゅう鹿野まちづくり協議会

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会

しかのeye

トップページ しかのeye レポート > 節分と、國府田さんの思い出

節分と、國府田さんの思い出

2011-02-08

みなさんこんにちは、工藤です。

1月30日、鹿野にオニが出たことは、みなさまの記憶に新しいと思います。

今回は、鹿野全体が恐怖で震え上がったその様子を、動画でご覧いただきます。

 

これは、このあいだ鳥の劇場で公演をした【aapa】の音響担当の國府田さんが撮影・編集をしてくれました。

國府田さんは戦場キャメラマンのように勇敢に、丸腰で、iphoneひとつ抱えて、オニに立ち向かっていきました。さぞ、怖かったことでしょう。

しかし國府田さんは、どんなにオニが、死が、間近に迫っても、iphoneを手放すことはありませんでした。

現場の様子を、戦場の現実を伝えたいと、ただそれだけを考えてキャメラ(iphone)を廻していたのだと思います。

 

そんな國府田さんの作品は、國府田さんの勇気が、想いが映りこんでしまっていて、涙なしには見られません。

こうなってしまってからは、なにを言ったって無駄だとわかっています。だけどあの時、、、。

いや、使命感の強い國府田さんだから、誰が止めてもきっと、戦地に赴き、キャメラを廻していたことでしょう。

いまわたしたちにできることは、國府田さんが残してくれた映像を見ることだけです。

國府田さんの命がけの想いを受け止めることだけです。みなさん、ハンケチのご用意をお願いします。

 

なによりこの映像には、國府田さんの想いに打たれたのか、「やたらリラックスしたオニの姿」が写っています。必見です。

 

 

 

國府田さん、この場を借りて、ありがとうございます!

そしてすみません。この映像みんなに見てほしいなあと思ったら、結果として、追悼っぽくなってしまいました。

いつかまた会いましょう〜

 

工藤

 

 

 

最終更新日:2020年4月7日