鳥取県鳥取市鹿野 NPO法人 いんしゅう鹿野まちづくり協議会

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会

しかのeye

2010年12月のアーカイブ

よいお年を

2010-12-06 11.24.22.jpg

 

「らいねんは、もっと、おおきくなりたいです」 

やまだえいすけ

2010-12-28

拝啓  火の神さま(愛宕大権現さま)

拝啓 火の神さま(愛宕大権現さま)

 

初めまして。まちづくり協議会の山田と申します。

寒い日が続いていますが、体調など崩されたりはしてないでしょうか。

 

今日、工藤と一緒にあなたのいる愛宕神社に行ってきました。

実際に足を運んだのはもちろんのこと、雲龍寺の上にあなたの家があるということを知ったのも、今日が初めてでした。不勉強なわたくしです。

 

DSCF2470.jpg

 

今日、あなたの家に居た方(徳を積んでそうな、頭を丸めた方)が、いろいろと教えてくれました。

 

あなたが火の神さまであること。

今年、火にまつわる災いがうちになかったのは、あなたのおかげだったこと。

今日は、そのことであなたに感謝をあらわす日であること。

だから今日は、赤い服を着たおじさんがトナカイに乗ってやってくるだけの日ではないこと。

そしてあなたが、赤っぽい兜をかぶった地蔵で白馬に乗っているらしいこと。

 

そうそう、今年、うちで小さなボヤ騒ぎがありました。あのとき火事にならなかったのは、人知れずあなたが動いてくれたおかげだったんでしょう?ありがとうございました。

これからは気をつけます。

そのお礼と言ってはなんですが、10円玉をあなたの家の木箱(郵便受けかな?)に入れておきましたよ。なにか駄菓子でもたべてください。

 

敬具

 

P.S.

デジカメで撮った君んちの写真、うまく撮れてないけど同封するね☆

DSCF2474.jpg
2010-12-24

鹿野まち協忘年会

みなさんこんにちは。工藤です。

12月19日、「しかの心」ギャラリーで、鹿野まち協忘年会が行われました。

忘年会は、スタッフ山田のぐだぐだな開会の挨拶で幕をあけました。

 

第一部は愛媛県の歌うたい、今村信悟さんのコンサートです。

ここでもスタッフ山田のずるずるな口上が炸裂します。

「全国津々浦々を歌い歩くさすらいの旅人、愛媛県からお越しの今村信悟さん、はりきってどうぞ!」

もうどろんどろんですね。

↓「はりきってどうぞ!」の瞬間はこちら。 

2010-12-19 18.38.30.jpg  

 

「はりきってどうぞ!」って言われても、、、って感じで登場した今村さんでしたが、はりきりすぎず、調子をくずさず歌いだします。

2010-12-19 18.52.34.jpg

クリスマスシーズンを意識してのしんみりした曲から、ビートルズメドレー、オリジナルのしゃぶしゃぶの歌まで、幅広い曲調で楽しませてくれました。

MCではニューヨークの路地裏で歌っていた話から、ニューヨークのメインストリートでお寿司を握っていた話まで、物腰柔らかい話し方でロックンロールな生き様を聞かせてくれます。

2010-12-19 19.44.30.jpg

今村さん、また機会がありましたら、鹿野にいらしてくださいね。

「今村信悟が握る!歌う!お寿司とお歌の晩餐会」という企画はいかがでしょうか。

 

コンサートが終わり、第二部は会食です。

ここでもスタッフ山田の挨拶がありましたが、これもぐにょんぐにょんだったため割愛させていただきます。

いつの間にかたくさんの人がやってきてくれて、それぞれにお話を楽しみます。

2010-12-19 19.57.56.jpg

 

「夢こみち」が作ってくれた豪華な食事に「しかの心」が作ってくれたピザとケーキ、夢中で食べていたため写真は撮っていませんが、それはそれは素晴らしいものでした。

ご参加いただいた方、どうもありがとうございました。

ご参加いただけなかった方、来年はよろしくお願いしますね。

 

皆さん本年はお疲れ様でした。

来年も楽しくのんびりぐにょんぐにょんでやっていきましょう。

 

工藤

2010-12-21

12月19日は「しかの心」で

みなさんこんにちは。
忘年会の季節がやってきました。

いんしゅう鹿野まちづくり協議会では、12月19日に忘年会を行います。
コンサートあり、無銭飲食ありの楽しい忘年会です。
会員も会員以外の方も、ぜひぜひお気軽にお越しください。

bounenkai.jpg


コンサートも、無銭飲食もあります。
ふらっと来て食うだけ食って帰るものありですよ~


ひにち・2010年12月19日(日)

じかん・18時30分~ 今村信悟コンサート
    20時00分~ 会食・お疲れさま会

ばしょ・しかの心

おかね・無料



工藤

2010-12-14

第6回ママちゃり耐久レース

12月4日、ママちゃり耐久レースが行われました。
3人1組でチームを編成し、30分の間に鹿野小学校の周りを何周できるかといったレースです。

DSCF2361.jpg

参加者は小学生からいい大人、部長クラスまでさまざまです。

DSCF2268.jpg



そしてみんな一生懸命です。
おとなげないにも似た、少年のような輝きです。
 


1291446812686.jpg



チームの合計年齢別に部門が分かれているので、ルール上では小学生と部長は競わないのですが、
どうみても「小学生を全力でつぶしにかかる部長」です。

そしてイベントにはつきもののアクシデントも。

1291446181362.jpg



突然のマシントラブル(パンク)によりあたふたするレーサー、
冷静に、なおかつすばやく原因を追求し適切な対処をするエンジニア。
これが早かった。体感時間で言うと、7秒くらい。F1並みの手際でした。

がんばれ少年。

1291446268280.jpg



負けるな少年。

DSCF2322.jpg



イカすぞエンジニア。

DSCF2335.jpg



のんきにサイクリング。

DSCF2405.jpg



といった感じで、みんな優勝したり、負けたりしました。
しかし会場には、咲いたばかりのコスモスのような笑顔がいっぱいに拡がっていました。
コスモス畑かと思った。

工藤

 

2010-12-06

お食事処と土のう製作

みなさん、こんにちは。工藤です。
ご飯っておいしいですよね。
ということで今日は、「夢こみち」に行ってきました。
 

1291359666548.jpg

 

普段は家でふりかけとかを喜んで食べてるような自分が
小鉢系の食事なんて食べていいのか、注文の際に怒られやしないか、
と不安だったのですが、「夢こみち」の店員さんは優しく注文を受けてくれました。
 

1291359605850.jpg

 

これが注文したこみち弁当です。
ぼくがいつも食べている「どんぶり飯にふりかけ(焼肉味)」とは、まず見た目が違います。
いつもエサみたいな「どんぶり飯にふりかけ(焼肉味)」を喜んで食べてる自分が恥ずかしくなりました。

こみち弁当はいろどりがきれいで、しばらく見つめてしまいました。
ぼくはいまお食事処「夢こみち」にいる・・・お食事処・・・なんて甘美な響きでしょうか。
目の前には「エサ」じゃなく「お食事」が並んでいる・・・ぼくは今日「お食事」が食べられるんだ・・・
働き始めて2ヶ月、ついにぼくも「お食事」が食べられるようになったんだ・・・

ひとしきり状況に酔ったあとは、いただきますをして食べ始めました。
天ぷらはおいしいし、ご飯にはクリが入ってるし、大根は最高の煮え具合だし、
なによりぼくの大好物、茶碗蒸しがついていました。
茶碗蒸しなんて、金持ちの親戚のおじさんに連れて行ってもらった温泉旅行以来です。
ぼくは貧乏だけど、心は金持ちなので、小鉢系の「ちょっとずつたくさんの種類を食べる」ってのが好きなんです。
というか、小鉢系を食べて、「自分、ちょっと今、金持ちっぽい」と思うのが好きなんです。

でも本当にこれで550円は安いと思います。
「すげ笠弁当は注文できないけど、小鉢系を食べたい(金持ちっぽい気分になりたい)」って人や、
「すげ笠弁当を食べたからしばらく夢こみちはいいや」と思っている人は、こみち弁当がオススメです。
食べたあとのお得感と満足感はすげ笠弁当に負けませんよ~

ぼくは次はお金を貯めて、すげ笠弁当を食べてみようと思います。
それまでは、エサみたいなふりかけごはんを食べ続けます。


ここからはワタクシ山田が引き継ぎます。

そんな夢こみちがある鍛冶町を、山根町方面にちょっと上ると、右側にボロいというか、趣があるというか、崩れそうというか、そんな空き家「旧山口邸」があります。

 

1291359554625.jpg


実はこの「旧山口邸」の管理・改修の担当は、我らまちづくり協議会なのです。

そして、今その「旧山口邸」の屋根の瓦が落ちそうです。本日の強風もかなり危なげでした。近隣のみなさんごめんなさい、さぞご心配されたことでしょう。

そこで、応急処置として屋根にシートをかけることにしたのですが、その下準備として、シートをおさえるための土のうを工藤と山田の2人で作りました。

1291359764403.jpg


漢字で書くと土嚢です。英語で書くとdonouです。do-knowでもいいかも知れません。つまり、「あなたは土のうを知っていますか?」と英語で聞く場合、「Do you know do-know?」となるわけです。
また、「あなたは土のうを知らないのですね」という場合は、「You don't know do-know.」となり、ここに、英語圏の人が発言の合間に特に意味なく入れる言葉「you know」を入れると、「You don't know do-know,you know?」となるわけです。

そんな感じでぼくらは土のうを作りました。せっせ、せっせと30袋です。土のうは、意外に早く出来上がります。2人いれば30分で30袋作れます。1人で作ると大変だけど、2人でやれば早いね、ってことです。これを英語でいうと、「I know do-know,you know do-know,We are friends,you know do-know.」となるわけです。まったく土のうってやつは、しれっとした顔でたくさんのことを学ばせてくれます。

1291359837700.jpg


みなさん、一緒に土のうを作りませんか?
ぼくは疲れてるわけではありません。ただただ土のうが好きなんです。
そのうち、公民館と共催かなんかで「男の土のう教室2010」とかやりたいです。または「男女でWai-Wai土のうでEnjoy」というのもいいかも知れません。公民館長さん、一緒にどうですか?ぼくは疲れてるわけではありません。

工藤
山田

2010-12-03

ひーくん&みーくん 本番

11月27日の夜、お堀端のしかの心にて、武部&岡田によるコンサート『願い』が行われました。
 

DSCF2014.jpg

 

岡田さんは、おだやかな笑顔に赤いシャツをプラスして、指がつったりしながらもうたいます。
 

DSCF2003.jpg

一方の武部さん、おニューのチェックのシャツを着て、いつもより饒舌だなと思っていたら、案の定ちょっぴり赤ら顔です。

DSCF2006.jpg

あたたかいお茶やコーヒー、おにぎりにパンケーキ、干し柿までふるまわれながらのコンサート。
途中で尺八が入ったり、武部さんがバンジョー弾いたり、夫婦とうたったり踊ったり。

今回も、やっぱりとってもにぎやかなコンサートでした。
 

DSCF2014.jpg


※注 一部、掲載されている写真と文がくい違っている箇所がありますが、おマヌケ工藤が写真のデータを誤って消去してしまったためで、お使いのパソコンの故障によるものではありません。ご安心ください。
 

追記

このブログを読んだ心優しい方々が、ぼくらに写真を提供してくれました。感謝いたします。

以下にホンモノの本番写真を掲載させていただきます。

P1011579.jpg

 

P1011580.jpg

 

DSC02653.jpg

 

みなさんどうもありがとうございました。

山田

2010-12-01

鹿野町河内と湖山西地区の交流

11月30日、鹿野町河内と湖山西地区の交流が行われました。
この日は、春に蒔いた大豆を畑から出し、乾燥させる作業をしました。

2010-11-30 10.36.45.jpg


この交流については以前ここのブログでも書かれていたので、覚えている方もいるかもしれません。
http://www.shikano.org/hitomi-blog/2010/06/post-23.html

ブログではこの日以来続報はありませんでしたが、実はほそぼそと交流が続いていました。
大豆畑に肥料をまいたり、雑草を抜いたり、湖山に出向いてなぜか料理教室をしたり、
大豆を枝豆として収穫してビールと一緒に食べてみたり、なかなか得るものが多い交流をしています。

個人的には、湖山のおばちゃんにカレールーや魚、使わなくなった靴下やTシャツ、サランラップ(3本)などをもらったり、
湖山のおっちゃんには、お寿司を食べさせてもらったり釣りに行く約束をしたり、こちらも得るものが多い交流です。

この日は、大豆を次々に引っこ抜く人、引っこ抜いた大豆をまとめて運ぶ人、
河内の吉田さんや前田さんに習い大豆をワラで結ぶ人に分かれ、作業しました。

2010-11-30 10.33.50.jpg


大豆を引っこ抜く人も運ぶ人もなかなかつらそうな顔をしていましたが、
大豆をワラで結ぶ人は、とっても楽しそうでした。

猛暑の影響かなんなのか大豆の出来が悪く、みんなあからさまにがっかりしていました。
でも、河内代表の中田さんが「みんなの年の数ほどは行き渡らんかもなあ」と言うと、みんな笑いました。


そんな感じで今年の交流は終わりましたが、来年も続くということ。
来年はもっと、もっともっと、得るものが多い交流にしたいです。


工藤(カニ好き)

2010-12-01

最終更新日:2018年8月22日