鳥取県鳥取市鹿野 NPO法人 いんしゅう鹿野まちづくり協議会

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会

しかのeye

鹿野の蓮

2010-06-30

 

前日の雨も上がり曇り空の下、27日の日曜日、第3回城下町しかの蓮ウォークが開催されました。P6270649.JPG参加者は約100名、たくさんの方に参加いただき、賑やかにスタート、町外の参加者の方が多かったようで、鹿野に来るのは初めて、よく遊びに来ていますといった方など様々でした。

7月上旬から中旬にかけて鹿野にお越し頂ければ蓮の花を楽しんでいただけると思います。

ガイドさんの案内のもと蓮の花を見ながらの町歩きコースは、花が咲いているものは少なかったようですが、これからの時期楽しめるということで、今回蓮ウォークを逃したかたも7月上旬から中旬にかけて鹿野にお越し頂ければ蓮の花を楽しんでいただけると思います。P6270667.JPG

 この日にあわせて街並みの演出として置かれている竹かごの花も植えかえられ、蓮だけでなく、玄関先を彩り訪れた方たちに楽しんでいただけるようにと鹿野に暮らす人たちのおもてなしの心を感じました。

 

ウォーキング終了後

昼食、お楽しみ抽せん会が続きます。

鹿野の食材を中心に鳥取のおいしいものがたくさん入った、蓮ウォーク限定弁当をいただき、嬉しい景品が当たる抽選会が行われました。P6270690.JPG

 

 

午後からは鹿野往来交流館 童里夢(ドリーム)で講演会「蓮を育てる 地域を育てる」が開催されました。元鳥取大学農学部教授の田邉賢二先生から蓮の株分けの仕方・育て方、蓮の葉っぱ・実の細かな薬効について話されました。 s-DSC00642.jpg

定年を翌年に控えた2008年、蓮を一括して保管できる場所を探していたとき鹿野町が蓮の管理に手をあげたことで、田邉先生と蓮と、鹿野との関係が始まり、今年3年目になります。

s-DSC00655.jpg一日を通して、たくさんの方に蓮ウォークを楽しんでいただき、蓮の育て方を改めて地域の方が学ぶ場が設けられました。今後の新たな展開として観賞するだけでなく、薬効を活かした商品開発等がすすみ鹿野の蓮が全国に発信されていく、そういったきっかけとなる講演会になったことと思います。

P6270683.JPG

 

 

嫁に出す気持ちで蓮を鹿野にあずけた田邉先生、

今後も温かく見守下さい。

 

 

 

※7月上旬から中旬にかけて咲く蓮の写真は、鹿野写真帳帖に掲載していきます。そちらもあわせてご覧ください。

最終更新日:2021年9月3日