鳥取県鳥取市鹿野 NPO法人 いんしゅう鹿野まちづくり協議会

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会

しかのeye

トップページ しかのeye レポート > シンポジューム「地域づくりと地域学」

シンポジューム「地域づくりと地域学」

2010-06-15

612日の土曜日、鳥取大学では、第一回地域学研究会大会として講演会・シンポジウム「地域づくりと地域学」が開催されました。

 P6120353.JPG

午前中は奈良大学の地理学科教授の基調講演、

午後からシンポジウムが行われ、まちづくり協議会の長尾理事長がパネリストの1人として出席されました。

地域づくりの活動にたいして、大学として何ができるのか。

それを具体的に問われる会となり、実際地域で活動を行っている智頭町長、米子の笑い通り商店街振興会理事長、行政の立場から鳥取県企画部長をパネリストとし、活動の紹介、地域に大学がどのように関わっているのか、またどのような関わり方を今後つくっていきたいのか、会場からの声もあがり、よりリアルな現状の問題について考えさせられる会となりました。

 

また、まちとむらをつなぐ活動が、それぞれの地域特性にあった方向性で行われていることがわかり、鹿野地域でも城下町地域と山間地域との連携を考えていく上で勉強させられる部分が多くありました。

大学・行政・また他地域との連携によって、地域への新たな刺激や気づき、発見があること、それが地域資源の活用となり、そこに暮らす人々が元気であり、暮しが豊かになることのきっかけとなれば大変喜ばしいことだと思います。

 

 

安井 仁美

最終更新日:2021年9月3日