鳥取県鳥取市鹿野 NPO法人 いんしゅう鹿野まちづくり協議会

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会

<$CategoryLabel$>

トップページ イベント >城下町しかの蓮ウォーク

城下町しかの蓮ウォーク

ハスが咲きそろう季節に鹿野のまちなみを散策してもらおうと企画したのが、「城下町しかの蓮ウォーク」です。

hasu_01.jpg

hasu_04.jpg

このイベントの主催は鳥取市西商工会鹿野町地域活性化委員会を中心とした実行委員会組織ですが、ウォーキングコースは鹿野町健康づくり地区推進員会が作成した「ふれあいウォーキングマップ」を基に設定し、コースの案内はボランティアガイド「しかのぷらっとガイドの会」が担当、またイベント風景の記録係として写真クラブ会員が同行するなど、それぞれの団体がその特徴を生かした協力体制で運営をしています。

hasu_03.jpg

亀井公が仏教を大切にしたまち・鹿野で、仏教とも深い関係のある花・ハスが咲きそろう...。
偶然とは思えない縁を感じませんか?

鳥取大学農学部の田辺教授(当時)は、遺伝子研究のために世界中から集めた190余種のハスを栽培しておられましたが、同校を退官するのを機に、引き続き育ててくれる団体を探しておられました。相談を受け協議の結果、いんしゅう鹿野まちづくり協議会を中心としたグループが受け入れることになりました。

平成20年の春に、大学構内から鹿野まで全てのハスを運び、泥の入れ替えや地下茎の手入れなどをして、鹿野町のハス事業がスタートしました。

hasu_02.jpg

現在では各団体が共同で一括管理し、また株分け作業をした子株は鹿野町内の一般家庭が「里親」となって大切に育てています。

hasu_05.jpg

鹿野は『四季薫るまち』として、季節の花を大切にしています。

春は鹿野城跡公園周辺の桜。秋は休耕田いっぱいに咲き乱れるコスモス。そして冬は旧鹿野町の町花でもあった椿。 ここに今、夏を彩るハスが加わって、文字通り四季を美しく飾ってくれる花々が揃いました。
 

icon_03.gif鹿野にやって来た、世界の蓮分布地図ダウンロード(PDF)


四季を通じて楽しめるまち・鹿野に、どうぞお越しください。 (記:岡田)

最終更新日:2019年1月11日