鳥取県鳥取市鹿野 NPO法人 いんしゅう鹿野まちづくり協議会

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会

ニュース

ウマモナドのアーカイブ

追加のお知らせとウマモナドグッズ

2012年05月29日

 

先日空き家学びの場プロジェクトのご案内をいたしましたが、時間的な記載が無くて、大変ご迷惑をおかけしています。

開催時間は、午前9時~午後3時といたします。

申し込みを考えておられる方、お待ちしております。


さて、今日は朝から雷がゴロゴロと鳴り、日中だというのに夕方みたいに暗~くなったりと怪しいお天気でございました。

しかの心さんも定休日で、いつぞやみたいに大荒れになったらどうするんだ!?などと考えておりました。

  

そんな中、障害福祉サービス事業所「すずかけ」の筒井宏海さんが、すずかけ通信とかわいいウマモナドのうちわを届けてくださいました。 

P5290002.jpg

なんとも…思わず笑っちゃいません?

欲しい方は、鹿野往来交流館 童里夢で200円(税込)でお買い求めいただけます。

今年の夏もきっと節電の夏になると思います。このうちわで涼みましょう!

変形のうちわですが、十分風はきます。今日はちょっと寒いくらいです(笑)


それと、事務所の自販機側の窓が少し変わりました。

P5290003.jpg

偶然ですが、宏海さんのお兄さんの筒井洋平さんがしてくださいました。本日完成です!

自販機から丸見えのガラス1枚だったのが、壁を1枚追加して小窓を付けていただきました。

今日の夕方には、事務机が2台追加され、また事務所が様変わりします。

工藤さん、山田さん、どこかで見てるかなぁ…随分変わりましたよ~(^。^)

また、報告します。

ヒラタでした。

 

 

 

ウマモナドのCD?

2011年04月14日

こんにちは、工藤です。

ウマモナドって、知ってますか?

2011-04-14 15.08.14.jpg

こんなやつです。

2011-04-14 15.25.04.jpg

鹿野のまちなかに、ひっそりといます。

2011-04-14 15.27.48.jpg

鹿野の妖精とか、言われたりしてます。

2011-04-14 15.09.00.jpg

たまにおっきいやつもいます。

2011-04-14 15.12.12.jpg

みんな違ってみんないい、でおなじみです。

 

そんなウマモナドが、ついに、CDの表紙を飾るようになりました。歌ってもいないのに、です。

2011-04-14 15.38.30.jpg

このCDを作ったのは、山本幹子さん。

昨年7月にしかの心で行われた「もちよりごっつぉ音楽会」に出演した、やたら声がいい京都の音楽家です。

このCDはオムニバス形式(みんな違ってみんないい形式)となっていて、山本さんの他にも、たくさんの方が参加しています。

 

1曲目の「遠まわり」を歌うのは石川県の中学生、川崎草汰さん。思春期特有の伸びやかな声をしています。もう伸びる伸びる。

2曲目の「冬芽」を歌うのは山本幹子さんのお父さんの山本忠夫さん。愛称は忠やん。しぶい。

3曲目の「三途の川の舟こぎ歌」は、山本幹子さんが歌います。この方には「カンオケの穴」という曲もあるのですが、なんというか、死に対して特別な思い入れでもあるのでしょうか。なんといっても声がやたらいいです。

4曲目の「一台のリヤカーが立ち向かう」を歌うのは、フォーク界一守備範囲が広い中川五郎さん。「横須賀の海に戦争の船を許すな」みたいな曲から、「今日は父の日なのにカードもプレゼントも届かない。。。ぼくが娘と年の変わらない若い彼女を作っちゃったから」みたいな曲まで。巨人で言ったら川合くらい守備範囲広いです。この曲は、前者です。

5曲目、ラストの「木が一本あれば」を歌うのは、うたごえクラブ トランポリンです。小学1年生から3年生の元気いっぱいのグループ。最後、ほほえましい感じで終わります。

 

このCD気になる!という方は以下まで!

【お問い合わせ】
アトリエ・コロンブ
〒616-8357
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺椎野町23-10
TEL/FAX 075-872-6068


「どんなだいや、まず聞かせてケロ」という方は、しかの心のまち協事務所まで来ていただくか、鹿野を代表するフォークシンガー武部仁さんに聞いてみてください。

あと、最近youtubeで武部&岡田の「小さな城下町」を発見しました。

これでいつでもあの名曲が聴ける。。。

 

 

工藤

最終更新日:2017年8月17日