鳥取県鳥取市鹿野 NPO法人 いんしゅう鹿野まちづくり協議会

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会

これまでの活動

トップページ >これまでの活動

空家活用「ゆめ本陣」

鳥取県の街なみ整備コンテストで提案した計画を実現しようと始まった空家活用プロジェクト。
開館以来、地域コミュニティーの振興、伝統工芸品の技の伝承・体験、農産加工品の開発を行う場所となりました。いんしゅう鹿野まちづくり協議会の拠点ともなっています。

空家活用「ゆめ本陣」

空家活用「夢こみち」

地元の食材を中心に料理を提供している食事処です。平成16年3月「鹿野ゆめ本陣」前の空家を改装してお食事処「夢こみち」(2号館)として開店しました。

空家活用「夢こみち」

いんしゅう鹿野・空古民家再生プロジェクト

空家となっていた古民家を改修し、活動拠点や食事処を整備しイベント開催や賑わいを演出する事業を進めている。街づくりの取り組みの効果もあり、訪れる人も増え、住みたい・お店を考えたいとの声も出てきた。

いんしゅう鹿野・空古民家再生プロジェクト

城下町復興「まちなみ演出」

地域の人々の支援を戴き推進している、街なみ景観への取り組み。鹿野の古い町並みに調和する山野草やのれん・屋号の入った瓦での景観演出や・レトロな民具を使ったメダカの住む街づくりなどを行っています。

城下町復興「まちなみ演出」

まちづくり会社「株式会社サラベル鹿野」

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会などが中心となって、平成19年に設立したまちづくり会社です。社名の由来は、鹿野の方言『かきあつめる、さらえる』を「さらべる」と言うことから『全て集める』などの意を込め名づけました。

 

まちづくり会社「株式会社サラベル鹿野」

しかの藍工房

平成8年頃、「鹿野の町をもっと元気に!」の機運にのり、私たちにも何かじげおこしのお手伝いが出来ないかなと思い始めたのが『しかの藍工房』です。かつて紺屋町で藍玉を作っていたり町内に紺屋さんがあったことを知り、藍染をしてみようと思い、始めました。

しかの藍工房

お試し定住施設「しかの宿」

鳥取市のUIJターン促進事業である『お試し定住体験事業』の宿。鳥取への移住を希望される方に低価格で宿を提供し、農林漁業体験、温泉めぐり などの田舎ライフを満喫していただいております。鹿野城下町の中 に位置し、歴史と文化を感じていただけます。

お試し定住施設「しかの宿」

鹿野レジデンス・サポート・プロジェクト

鹿野的空家活用によるレジデンス・サポート・プロジェクト

「舞台芸術・まちづくり・現代アート」アーティストの卵を招き育み交流する

私たちは地域の空家を活用し、地域で人を育てていく、鹿野的レジデンス・サポート・プロジェクトを行ないます。鳥取市鹿野町はNPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会を中心に、鹿野の地域づくりを推進して来た。

本年2月に「鳥取力」創造運動支援補助事業として開催された「鹿野まちづくり合宿」では地域の魅力や資源を地域づくりに活かす事を学んだ。現在私たちは聞き書きの手法で地域の文化、歴史、人、暮らし等の掘起しを行い鹿野の今後の活動に活かしていく事を進めている。

まちづくりレジデンスでは、現在、まちづくり活動を志す方を募集しています。鹿野の空家に滞在し、1ヶ月間まちづくりを学び、実践したい方、どうぞご応募ください。

詳しくは、http://www.shikano.org/news-blog/2010/10/post-13.html をご覧ください。

 

 

鹿野レジデンス・サポート・プロジェクト

空き家学びの場プロジェクト@鹿野 「八百屋barものがたり」

来年の初夏、鹿野の風情ある城下町の中で初めての夜も開いている飲食店がオープンします。
舞台は、町の人々や興味を持って集まってきた大学生など、今までみんなでコツコツ改修を続けてきた旧Y邸。
まだまだ計画中ですが、「野菜」と「畑」をキーワードに老若男女が気軽に集う、楽しげな地域のコミュニティの場となる予定です。田舎暮らし、コミュニティ・ビジネス、自給自足・・・「この場所」だからできること、鹿野の町をさらに500%魅力的にするためのキッカケの場 にもしたいと欲張っています。
このプロジェクトは、県外から田舎暮らしを面白がって移住してきたアンちゃん達が中心となり、鹿野を愛し、誇りを持つNPO法人いんしゅう鹿野ま ちづくり協議会のメンバーがサポートします。定年前に退職し、エネルギーを持て余している近所のおっちゃんや、県の様々なところからボランティアで参加してくださる方々、知恵の宝庫であるお じいちゃんやおばあちゃん達とも一にみんなで集まり楽しみながら、進めていきたいなと思っています。
鹿野で新たな、ものがたりが始まる。参加者、協力者、募集中!!
このプロジェクトは、2012年度(JT NPO助成事業)の支援により行いました。

空き家学びの場プロジェクト@鹿野ブログはこちら

最終更新日:2017年9月1日