鳥取県鳥取市鹿野 NPO法人 いんしゅう鹿野まちづくり協議会

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会

しかのeye

楽園的絵画のアーカイブ

ボーカル以外全パート募集

鹿野の街のどまんなかに、ブルーシートがかかった家があるんです。

ここ、いんしゅう鹿野まちづくり協議会が所有してるんだけど、正直、どうやって使おうかな~って迷ってるんです。

で、迷ったまんま一年以上たっちゃってるんです。

IMG_2270.jpg

で、今回尾道から空き家再生のエキスパート的なアーティストとか、若くてかわいいアーティストに来てもらって、いろいろとアイデアをもらったりしたんです。

IMG_2276.jpg

裏からも見てみたり。

IMG_2279.jpg

カレー作ったり。

IMG_2284.jpg

お酒飲んだり。

IMG_2285.jpg

で、ひとつ決まったことがあります。

ボーカル(まちづくり協議会)以外全パート募集します!!

いいアイデアがあるとか、こんなお店をやりたいだとか、わたしインテリアデザイナーだけどこんな内装やってみたいだとか、鹿野にこんな場所があったらいいだとか、おれドラム叩けるだとか、とにかくどんなことでもかまいません。

中高年の協議会会員を見事ノリノリにさせるアイデアの場合は、資本金なしでお店を出せる可能性だってあります!うさんくさいけど、たぶんきっと!

小さなことでもかまいません。info.m@shikano.orgまでメールをください。件名は「ブルーシートの家」でお願いします。

実は、メールがあまり来なくてさみしいんです。迷惑メールに返信しちゃおっかなって位さみしいんです。みなさん、メール、待ってます。

 

工藤

 

 

 

2011-06-30

鞆の浦、尾道視察研修報告

みなさんこんにちは。

いんしゅう鹿野まちづくり協議会、地域マネージャーの工藤です。

今回は、5月14,15日に行われた「鞆の浦、尾道視察研修」の報告をさせていただきます。

 

まずは、鹿野から車で3時間、広島県福山市、鞆の浦で研修をしました。

鞆の浦では、坂本龍馬が紀州藩といろは丸の沈没事件について賠償交渉を行った旧魚屋萬蔵宅、現「御舟宿いろは」で、NPO法人鞆まちづくり工房の松居さんにお話しをうかがいました。

AIMG_1182.jpg

この「御舟宿いろは」は、空き家再生活用事業の一環として改修を行い、営業しているとのことでした。

AIMG_1189.jpg

空き家活用再生という同じ課題をもつ我が協議会は、松居さんが話す一語一句を噛みしめるように聞いていました。

AIMG_1260.jpg

「御舟宿いろは」を出たあとも、鹿野の空き家をどのように活用しようか、真剣な面持ちで議論が続けられました。

 

鞆の浦から車で1時間、尾道市に到着です。

ここではまず、旧北村洋品店、三軒家アパートメントを視察します。

AIMG_1287.jpg

三軒家アパートメントでは若いスタッフが多数働いており、若手不足にあえぐ我が協議会としてはいろいろと考えさせられるものがありました。

AIMG_1300.jpg

若手不足解消のため、なんなら自分が若返っちゃおうという趣旨で、スポーツに興じてみたりしました。

若手不足解消の一助となれば幸いです。

 

夜は光明寺會舘に移動し、文化(音楽)の研修です。講師は、昨夏の楽園的音楽で鹿野を訪れ、素敵な演奏をしてくれたケイキ&永井真介さんです。

AIMG_1326.jpg

バロック音楽とポピュラー音楽のはざまにあるなにかについて、循環コード進行におけるテンションコードの効用についてなど、大変示唆に富む研修でした。

 

そして、食の研修。

日本海の魚と瀬戸内の魚のプリプリ具合の違いだとか、瀬戸内野菜のシャキシャキの塩梅だとか、食文化について学びました。

AIMG_1348.jpg

プリプリ具合について学んだあとは、尾道空き家再生プロジェクトの歩みをスライドで見せてもらいました。

AIMG_1362.jpg

これは、本当に、すごく、勉強になりました。

 

そして翌朝。

また食に関する研修です。

AIMG_1433.jpg

「朝はおなかにやさしいものがいい」という真実をつかまえることができました。

 

そしてこの視察研修の本題、「亀井さんの大学院卒業制作をみんなで見よう」の時間です。

AIMG_1440.jpg

コーヒーで描いたという作品を、亀井さんの解説付きで見せてもらいました。

AIMG_1462.jpg

ミニマリズムにおけるジョン・ケージの功績と功罪、「コーヒーで描いた絵はコーヒーのにおいがする」といったトートロジー的なことなどを学びます。

 

そのあとは、ちょっと歩いて、それから3分ほど船に乗り、向島へ渡ります。

AIMG_1477.jpg

尾道はもう、半袖短パンでちょうどいいぞ、ってことがわかります。

 

下の写真は、向島から撮った光明寺會舘の写真です。

真中にある四角い建物が光明寺會舘で、二階の左の窓に見えるのが亀井さんの作品(夏に鹿野で描いた紫のやつ)です

AIMG_1516.jpg

デジタルズームを使うと解像度が下がる、ということが明らかになりました。

 

そしてお昼。

お待ちかねの食の研修です。

AIMG_1538.jpg

「昼に屋外で食べるのは洋物がいいね」という真実をつかまえます。

 

次は、感性を養う「お絵かきの時間」。

AIMG_1549.jpg

コーヒーで絵を描きます。

AIMG_1567.jpg

「飲み物を粗末にしているのでは。。。」という背徳感と背合わせの快感を味わいます。

 

そして向島を出て、ガウディハウスを見学しました。

AIMG_1607.jpg

さっきのお絵かきで感性が敏感になっちゃって、「坂道きつい」ってことを感じまくっています。

 

そんで最後にダメ押しで、食の研修。尾道ラーメンを食べます。

AIMG_1622.jpg

適切かつ的確な湯切りから生み出される麺のコシに感銘を受けます。

 

亀井さんをはじめとする尾道のみなさん、素敵でお洒落でおなかいっぱいなおもてなしをありがとうございました。

AIMG_1359.jpg

もう、ノーベル賞あげちゃう。ぼくからで良かったら。

 

工藤

 

2011-05-17

もうすぐ終わっちゃいます

こんにちは、山田です。

旧勝谷小学校で、塩出さんの作品展示『pool』やってます。
やってますというか、もうすぐ終わっちゃいます。

IMGP5707.jpg


見に行くと、塩出さんのおもてなしがあったりします。
インスタントコーヒーとか。
手作りのサーターアンダギーとか。
ちょっと趣向をかえて豚汁とか。

あと目の前で創作活動してくれたりもします。

IMGP5709.jpg

 

IMGP5770.jpg


それ以外の時間は、塩出さんは大抵おじさんといます。

IMGP5655.jpg


ほらほら。

IMGP5784.jpg


「芸術ってなあ、ようわからん」とか言いながら、みんなけっこう楽しそうです。

IMGP5701.jpg


昼間は外もあったかいし、今週末はpoolに行こー。


山田

2011-04-01

塩出さんの展覧会とかその他もろもろ

いやはやいろいろありました工藤です。

尾道の芸術家(未来のスター)、塩出さんがやってきました。

IMGP5241.jpg

旧勝谷小学校で展示の準備をします。

IMGP5259.jpg

おじさんだってがんばります。

IMGP5273.jpg

若者はもっとがんばります。

IMGP5278.jpg

女の子の前だと超がんばります。

IMGP5286.jpg

指先が触れて、恋が芽生えそうになったり、

IMGP5294.jpg

結局いい人止まりだったりします。

IMGP5249.jpg

なんか青春映画みたいじゃん。

 

時も場所も変わって、鳥の劇場前。

IMGP5322.jpg

まち協メンバー4人がそろい踏み。
「トットリデハッタリ」というアートイベントの一環でまち歩きガイドをしました。

IMGP5365.jpg

改めて歩いてみると、鹿野っていい街ね。なんかちょうどいいよね。

 

今度は倉吉。

IMGP5392.jpg

工藤が今年度の地域マネージャー事業の報告をしました。

IMGP5393.jpg

マイクの位置低いし、その割に腰は低くないし、内容もぐだぐだでした。
ごめんなさい。来年度はがんばる。

 

気を取り直してホームセンターに行く塩出さんに密着。

IMGP5405.jpg

IMGP5410.jpg

ともすると、「定住する家を持たない人」にも見えますが、芸術家(未来のスター)です。

IMGP5416.jpg

ほら、お金だってちゃんと持ってる。


そのあと、塩出さんと工藤は加知弥(かちみ)神社にお参り。

工藤はちょっとデート気分。

IMGP5418.jpg

 

おみくじ20円、絵馬100円という驚きの安さ。

IMGP5421.jpg

塩ちゃんのおみくじは吉だって~でも油断するととんでもないことが起こるんだって~。

あー、ぼく(工藤)のおみくじも吉だよ~おそろだねおそろ!

IMGP5425.jpg

絵馬も書きます。だって、安いし、なんかたのしいし。

IMGP5427.jpg

いやー、もう、4カ月分くらいたのしかった。

 

その間、山田はずっと、木を切っていました。

IMGP5429.jpg

小屋を作るのです。

IMGP5433.jpg

いい人止まりの山田はがんばります。

IMGP5441.jpg

ほら、もう少しで完成だ。

IMGP5464.jpg

枠組み完成! 見てよ塩出さん!

IMGP5463.jpg

塩出さんは自分のことで精いっぱいです。

IMGP5470.jpg

 

さて、そんな塩出さんの展覧会「pool」が近づいてまいりました。



期間:2011年3月28日(月)~4月3日(日)


時間:10:00~日暮れまで


場所:旧鹿野町立勝谷小学校にて


料金:無料


駐車場:同敷地内にある勝谷地区公民館駐車場をご利用ください。



展示期間中は小屋の中で、塩出さんがいろいろとおもてなしをする予定です。今のところ、インスタントコーヒーを出すことだけ決まっています。

コーヒーを飲みながら、「わけわかんねえよ!でかいし」とか「いったいぜんたいどんなつもりだ!」とか、

「すばらしいじゃねえか」とか「つまるところ芸術ってなんだい」とか、塩出さんにぶつけてみてください。



工藤

 

pool_ura.jpg

 

 

2011-03-25

塩出さんご来鳥!

みなさんこんにちは。工藤です。

昨年の夏に行われたアート的なイベント、楽園的絵画を覚えていますか?

初めて鹿野と現代美術がご対面した、あのイベントです。

【山に登る】と名付けられた3枚の「ねばっとしてくしゃっとした茶色い紙」の前で思考停止に陥った暑い夏の日が、昨日のことのように思い出されます。

さてさて、そんな楽園的絵画、実は終わっていなかったんです。


今回は、その「ねばっとしてくしゃっとした茶色い紙」の作者、塩出さんの2月16日の様子を、ドキュメンタリータッチで追ってみようと思います。


03時30分 目覚ましが鳴る

03時35分 目覚ましが鳴る(スヌーズ機能)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

04時30分 ようやく起床

05時52分 尾道駅出発 

09時22分 浜村駅到着

2011-02-16 09.22.16.jpg


09時23分 挨拶もそこそこに顔をはめるよう促される(困惑気味)

2011-02-16 09.23.18.jpg


11時33分 とあるバイク屋さんで近況報告(3日前にバイトをクビになったことなど)

2011-02-16 11.33.28c.jpg


13時45分 旧勝谷小学校で色々とメモ

2011-02-16 13.45.49.jpg


13時49分 校長室のプレートを持たされてうんざり

2011-02-16 13.49.25.jpg


17時07分 浜村駅の足湯に浸かる

2011_02_16_17_07_11.jpg


17時17分 お別れの顔はめ

2011_02_16_17_17_53c.jpg

 

詳しいことはまだお知らせできませんが、3月の中旬から下旬にかけて、塩出さんが再び鹿野を訪れ、滞在制作&展示を行います。

夏に未完成だったプールを使った作品の他にも、色々とイメージがわいてきているようです。

 

ぼくは知っています。若い女の子が来ると、イベント出席率がグンと上がることを。

楽園的絵画実行委員をはじめとする鹿野のみなさん、集合です。春の鹿野を楽園的な感じにしちゃいましょう。

 

追って報告します~

 

※とあるバイク屋さんの希望により一部事実と異なる写真があります。最後の写真なんかもうオセロみたいになっちゃってますが、ご了承ください。

 

 

工藤

 

 

2011-02-17

楽園的絵画のお礼

821()よりはじまりました楽園的絵画も、830()を勿まして、無事千秋楽を迎えることができました。

展覧会入場者は延べ238名と盛況の内に幕を閉じました。

これも、展覧会にお越し頂いた皆様、地域の皆様、そして、スタッフのみんなの支えがあったからこそと感じています。

 

厚く御礼申し上げます。

 

楽園的絵画実行委員会 スタッフ一同

2010-09-02

「楽園的絵画」エピローグ

鹿野にとっても、そして、作家の三人にとっても、初めての試みでした。

手探りの中で、準備をスタートし、実行委員会が立ち上がり、会議を重ね、尾道とのやり取りを重ね、もぐら叩きのように次から次に出てくる問題とその度に向き合いながら、展覧会終了まで走りました。

長時間続いた会合、キャパをはるかに超えるボリュームのイベントの数々・・それでもスタッフのメンバーは本当によくやってくれました。燃え尽きた代償か、“終わった”“やりきった”という実感がまだ持てずにいるのが正直なところです。

これだけの濃密な時間を共有し、様々な経験をした私たちは、これからゆっくりと確かな足取りで歩んでいくのだと思います。どんな風に歩んでいくのかは時に委ねたいと思います。

 

29日にお世話になった方々を訪問し、感謝の気持ちをお伝えし、そして、その方々の生の声を頂戴しました。

 

「ここはこうした方がもっとよかった。」

「私はこういう絵画の方が好きだ。」

「年配の方にとっては抵抗があるかもしれない。」

「鹿野には合わないと思う。」

 

もちろん、その中には厳しいご意見もありました。

しかし、素直にどのご意見もうれしく、大切にしたいと思いました。それと同時に、周りの皆様が外から見た客観的なご意見は財産だと感じました。

そのように意見して頂けるということは、無関心ではないということだからです。もしかしたら、点での接点にすぎなかったかもしれませんが、そこにはその方の考えた・感じた跡があったということだろうと思いました。

 

ある芸術家とお話していた時に、こんな話を聞きました。(かなりキャリアを積まれている方でした。)

“人に媚びた時点で、その作品は終わる。作家自身も終わる。”

レジデンスを振り返ってみて、彼女たちは自分に正直に、自らの目と耳、肌で感じる空気、身ひとつを頼りに表現してきました。

作家の三人には、それぞれにいい仕事をしてもらったと感じています。短い制作期間ながら、集中して制作に没頭していました。

それでよかったと感じています。

 

ただし、鹿野で行う意味はどこにあるのか。その部分に関して、十分な検討が必要だと感じています。

作品と作家と地域と観客をつなげること。大きな課題が残りました。

私たちは、鹿野と芸術家両方の想いを大切にしたい。そう感じてきました。彼女たちの瑞々しく、生命の躍動するその眼差しや動きは、私たちに衝撃を与えました。

そして、彼女たちは、鹿野の土地、またそこに住まう人々との交流の中で、鹿野を好きになってくれました。

具体的な成果を求められたなら、修飾する事柄はいろいろありますが、展覧会の構造を説明するとこの二点に集約される気がします。

 

空き家活用等、今後このプロジェクトから広がりを持っていくことと思います。

どんな時でも、私たちは大切にしたい人や場所を想い、自然体でありたい。そう願います。

 

この楽園的絵画と出会って下さった皆様、本当にありがとうございました。

 

鹿野より愛を込めて。

 

楽園的絵画実行委員長 前田瑞季

 

2010-09-01

【楽園的絵画】食堂 ひかりのこども

  8月22日(日)

尾道からやってきた『食堂 ひかりのこども』が一日限定オープン。

フードとアートのおもてなし。RIMG2068.jpg

鹿野地鶏、スッキーニと長芋なすの尾道からやってきたネコノテパン工場のカンパーニュサンドイッチを提供。

RIMG2082.jpg瀬戸の島、レモンジンジャエールも絶品、しょうがのよくきいたすっきりとした喉ごしでした。

同時開催、三上清仁さんによる「ひかりのこども まるワークショップ」をおこなわれました。RIMG2080.jpg

         鹿野のこどもたちも楽しんでいました。

鹿野の新鮮な食材を活かして作っていただいたサンドイッチは大好評!!ありがとうございました!!

楽園的絵画実行委員会 事務局:安井 仁美

2010-08-23

【楽園的絵画】オープニングパーティー

「楽園的絵画」の幕開け。RIMG1040.jpg

8月21日(土)、展覧会のスタートを記念し、オープニングイベントが行われました。

たくさんの方にご協力いただき、前夜遅くまで、作家たちそれぞれの展覧会準備が続き整えら、迎えた当日。

AM10:00、ぞくぞくとお客さんがこられ夕方には尾道から展覧会を見に、ライブを行うアーティスト、次の日の「食堂 ひかりのこども」で料理を提供してくださる方々、子どもも含め総勢20名近くのお客さまたちが到着。

夕方に行うライブの準備、平行してクルージングもスタート、まちづくり協議会の鹿野をよく知る方の案内で、まちを散策、たくさんのお店が建ち並んでいたあのころの話をしながら日が落ち始め、涼しくなったまちの中を尾道からのお客さまと歩きました。

そして、楽園的音楽。

尾道からケイキ&永井真介、旅人の風博士を招き、ライブが開催。

前売りでのチケット販売、当日チケットも販売を行い70名の来場者の方にきていただき、心地よく、たくさんの笑顔がうまれた音源でした。

RIMG1991.jpg

ワンドリンクとして提供された梅シロップとはちみつシソシロップ。

尾道&鹿野の協力者による、どちらも手作りのおもてなしです。

みなさん喜んでくださいました。

すてきな夜のひととき。

これからはじまる「楽園的絵画」展覧会スタートにふさわしい会となりました。

みなさまのお越し、お待ちしております。

楽園的絵画実行委員会 事務局:安井 仁美

2010-08-22

【楽園的絵画】ポストカード印刷開始

         「鹿野をあらわすもの」のポストカード印刷をスタートさせています。P8031010.JPG

このポストカードは、楽園的絵画の展覧会(8月21日(土)~30日(月))の際にチケットを購入していただき、作品の展示を見ていただいた方に言葉では伝えきれない「鹿野×作家のたまご×繋がり」を視覚的に伝えるおもてなしとして3枚組にしてお渡しします。

印刷作業はなかなか手間がかかります。トータルで900枚ですし。

でもこんな場所もあるのか・・・わたしもここが好きな場所だなーと作業を楽しんでいます。

表面には「楽園的絵画」のロゴを印刷します。

その作業はポストカード担当の倉益さんにお願いをしています。

そして、今日から記録担当の花原さんが鹿野入です。

彼女の「作家の制作活動の様子をあらわすもの」がこれから記録されていきます。

これもカメラにおさめられ、ポストカードとして印刷。

今印刷が仕上がっているのが20枚ぐらいです。

 

先は長いですが・・・

どんな景色や作家3名の表情や作品、鹿野と作家とのつながりを見ることができるのか・・・楽しみながら作業を引き続き続けます。

 

楽園的絵画実行委員会 事務局:安井 仁美

2010-08-02

【楽園的絵画】ワークショップ&オリエンテーション

 8月1日(日)

午後一時からしかの心にて、8月1日からの制作スタートに合わせ、作家によるワークショップと全体オリエンテーションが行われました。

P8010977.JPG
作家三人は鹿野入りして、三日目です。


鹿野はどうですか?P8010991.JPG



この日集まって頂いたみなさんです。バケツを持って、タオルを首に巻いて、スタッフバックを提げて…ワークショップの内容については全員が知りません。アートディレクターの三上さんもです。

三上さんの始まりのことばの後、まもなく、彼女たちの世界の幕が開きました。

トップバッターは、塩出麻美さんです。

私たちには約束事がありました。
その一.35分の間、一言も話すことができないこと。
その二.二人一組で制作場所に入って行くこと。

プール(彼女が以前制作した作品)の中で、drawingを目撃しました。

2分30秒。からだの中にさざなみが立つ感覚がしました。そのさざなみを辿って、そのひとつひとつに問いかけ、あのときの感覚を紐解きたくなる。そんな不思議な2分30秒でした。

続いて、大倉礼子さんのワークショップです。

大倉さんからは、バケツか桶を準備してきて欲しいとの注文がありました。
どんな風に使うのか、想像がつきませんでした。
その使い道は、単純明快でした。
水を掬う。水を入れる。そして、その水をかける。それだけ。
ただ、特別だったのは、かける場所が旧山口邸であったということです。

ばしゃ、ばしゃと、水をかけていきました。
s-RIMG0328.jpg
からだの動きに合わせ、表情や声が変化していきます。

この光景は、豆京都しかのに起きた事件でした。

トリは、亀井那津子さんです。

まず、亀井さんからリーダー三名の指名がありました。
そして、三つのグループに分かれ、各グループのリーダーによる“わたしの好きな鹿野の風景”についてのプレゼンテーションが行われました。

リーダーの三名です。

大石さんです。
大石さんは自宅近くのお地蔵さんを紹介して下さいました。毎朝犬の散歩で通ることや、お子さんを連れて一緒にお参りに来た思い出について話されました。
s-RIMG0371.jpg
小林さんです。
小林さんは中学校三年まで住んでおられた家(現在は空き地)を紹介して下さいました。裏庭にポンプ式の井戸があったことや目の前に小学校があって家の中からでも先生に元気よく挨拶されていたことについて話されました。
s-RIMG0379.jpg
松田さんです。
松田さんはお堀端(殿町公民館側)からの景色を紹介して下さいました。嫁いでこられてから時間と共に変化してきた景色とわたしの好きなポイントについて話されました。
s-RIMG0381.jpg
三名の鹿野で生きてきた足跡をみんなで回って、一緒に笑って。ワークショップであることを忘れてしまいそうでした。
よし!!みなさんの笑顔に元気をもらって、これから一月楽園的絵画を育て上げていきましょう!

 

楽園的絵画実行委員会 委員長:前田 瑞季

2010-08-01

【楽園的絵画】welcome鹿野

7月30日(金)、尾道の方々が鹿野に到着。

いよいよレジデンスがスタートします。

大きな2トントラックにたくさんの荷物をのせて、はるばる尾道から来られた作家3名と三上さん、それから作家の中の1人のお父さんがトラックを運転、画材道具や生活用品など3人分の荷物が積み込まれたトラックが鹿野に到着です。

P7300965.JPG

         ようこそ鹿野へ。P7301006.JPG

 

制作場所、アトリエとなるしかの心と旧鹿野小学校に荷物を運びいれて、最後に滞在場所となる大工町の家に生活用品を入れて、搬入終了。お疲れ様でした。

P7300988.JPG

 

 三上さんからプレゼントされたスタッフバックを身につけて、これから約2週間鹿野での制作活動をスタートさせる3人。P7301012.JPG

2010年夏、どんなことが鹿野でおこるのか・・・楽しみです。

楽園的絵画実行委員会・事務局:安井 仁美

 

2010-07-31

【楽園的絵画】準備中

7月26日(月)はしかの心のバックヤードの物をすべて移動、空っぽに近い状態にする作業と旧鹿野小学校の職員室から、音楽室への物の移動作業が行われました。

      各担当者より報告等もしていただきました。P7261025.JPG

 

尾道に行った際に預かってきた、尾道帆布で制作をしていただいたスタッフバックを配布。

 

尾道のみなさま、徹夜での制作活動、お疲れ様でした。

 

スタッフバックを包む素適な包装紙、さっそく首からぶら下げて、ペンやメモ帳を入れて使いこなしている方がおられ、今後それぞれの色になっていくスタッフバックがとても楽しみです。

素敵な作品をありがとうございました。

 

 

そして、それぞれの場所での養生がスタートしています。

着々と三名の制作場所の準備が整えられてきています。

鹿野に一足早く鹿野に滞在をし始めた中村君を中心に養生が進みます。

        まず音楽室の養生。P1060225.jpg      そして職員室。P7271029.jpg

 

 

      最後にしかの心の養生が施され、あとは3名が鹿野にくるのを待つばかり。。

P7291032.JPG

 

 

養生作業お疲れ様でした。

同時に制作場所となる空き家となった場所の裏庭の草刈も鹿野側のスタッフの方にやっていただきました。

ご協力ありがとうございました。                                                                         楽園的絵画実行委員会事務局:安井 仁美

2010-07-30

まちのリレー会議in尾道

725日(日)まちのリレー会議 vol.3  「地域とコミットする!」が尾道で開催されました。

 

P7250985.JPG       受付の様子。

 

 

 

ゲストトークの発表者としてまちづくり協議会の小林さん、チームトットリのススメ本間公さん、AIRonomichiもうひとりの小野環さん、三上清仁さん、オブザーバーとして尾道空き家再生プロジェクトの豊田雅子さん、コーディネーターとして東京工業大学真野洋介さんが加わり、この会の主催者であるココロエ一級建築士事務所の片岡さんが進行役となり、それぞれの活動を通しての地域とのコミット、繋がりや関わりについて考える場となりました。

     P7250998.JPG       第1部、ゲストトークの様子

 

 

 

鹿野、鳥取、尾道とはどういう場所なのか、参加者の1人1人の印象を聞きながら意見交換、さまざまな視点、角度で地域が観察されることで新たな発見もあったのではないかと思います。

 

第1部はゲストトーク、第2部はワークショップが行われ、それぞれの発表者と参加者を交えて3つのグループに分かれ、それぞれの地域活動の観察ノートを作成しました。 

休憩中にはケイキ&永井真介、お二人の音楽が、夕暮れの空をバックに流れ、参加者はドリンクを飲みながら和やかな雰囲気となっていました。      P7251012.JPG

           スライドに尾道・鹿野の活動や風景が流れる中、歌を歌う2人。

 

その後、「楽園的絵画」の作家のサポーターとして一足早く鹿野入りをする中村真也君を鹿野行きの車に乗せて帰って来ました。

 

彼は今、作家の制作場所の養生作業に奮闘中です。

 

 

次回のまちのリレー会議vol,4「空き家からの風景」は「楽園的絵画」(展覧会8月21日~30日)との同時開催となります。

 

開催日時:2010822日(日) 1700開場 1730スタート 

開催場所:しかのこころ(鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1809-1JR鳥取駅より車で30 

会費500(ワンドリンク付)  定員40(予約可)

 

ゲストトーク

NPO法人尾道空き家再生プロジェクト 豊田雅子氏ほか

東京工業大学 准教授 真野洋介氏 

 

 

詳しくは、 チラシを添付しておりますのでご覧ください。

 まちのリレー会議vol.4チラシpdf

 

安井 仁美

2010-07-28

【楽園的絵画】梅シロップ作り第2弾

七夕の梅シロップ作り。あれから半月たちました。

お約束の梅子&蜜子のお披露目です…
 
いかがでしょうか?
連日の猛暑にも負けず!?梅子と蜜子はしっかり良い味を出してくれました。
頑張った感じがにじみ出ています。しわしわのしわしわのしわしわです。
 RIMG0209.jpg
 
 
ここで、梅子と蜜子は役目を終えました。おいしい梅エキスをありがとう。
 
 
今日は、出来たシロップのあく抜きと追加の梅シロップ作りを行いました。
 
RIMG0216.jpg
 
さて、料理は性格が出ますね。実行委員会女性陣の性格が見え隠れします(笑)
これは梅&砂糖を一番きれいにビンに詰めることができました。
また10日ほど保管します。暑い日が続きます。蔵の持つパワーに期待しているところです。
 
RIMG0230.jpg
 
残った梅ですが、程よい酸味&甘味が一日の疲れをほぐしてくれました。
私は鹿野から車で45分くらいのところに住んでいますが、帰りはこれをほうばりながら…鼻歌交じりのドライブでした♪
 
みなさんには、8月、おいしい梅ジュースを提供します。お楽しみに。
 
 
楽園的絵画実行委員会‐記録担当:花原 由里子
2010-07-23

【楽園的絵画】20人力

718

 

 

今日は、制作場所のしかの心と滞在場所の森本邸・村岡邸の片付け・清掃作業をしました。多くの方々にご参加頂きました。

 s-RIMG0145.jpg

 

 

  作業風景。

s-RIMG0171.jpg

 RIMG0173.JPGのサムネール画像 

 作業の後に楽園的絵画実行委員会の近況報告・今後の日程調整等についてお話させてもらいました。

 

  

s-RIMG0199.jpgのサムネール画像

楽園的絵画実行委員会‐委員長:前田 瑞季

2010-07-19

【楽園的絵画】暑さに負けず

 

7月17日

この日の気温は30度を超えていました。

じっとしていても汗が出ます。

午前中は、案内状準備、前売りチケットの作成、チラシ準備を行いました。s-RIMG0108.jpg

              案内状の封筒です。因州和紙を使用しています。

RIMG0109.JPG

                      

 

このようなすっきりとしたデザインになりました。三上さんありがとうございました!

 

 

前売りチケットは当日スペシャル仕様のチケットに交換致します。

どうぞお楽しみに。

 

午前中の作業に引き続き、午後からはオープニングの広報活動に行って来ました。

 鳥取駅周辺のカフェ・雑貨店を中心に全部で14カ所交渉してきました。

 

一日通して記録担当の花原さんにお手伝い頂きました。

花原さんは、鳥取大学大学院地域学研究科二年の女性です。

楽園的絵画の期間中 (81日~30)は、鹿野(薫風亭)に滞在してこの楽園的絵画ができていくプロセスを記録して頂くようになります。

 

 

 それから、17時半から夢会が開かれました。

P7170847.JPGこの中で、楽園的絵画の経過報告をさせてもらいました。

 

暑さに負けないくらい、鹿野も熱いです。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

       

 

楽園的絵画実行委員会‐委員長:前田 瑞季

 

 

2010-07-18

【楽園的絵画】梅シロップ作り

 ちゃくちゃくとオープニングイベントの企画・準備などが進む中、7月7日の七夕の日、楽園的絵画実行委員会女性陣数名でオープニングライブ・食堂 ひかりのこどもで提供していただく梅ソーダー&梅ジュースのもととなる梅シロップ作りを行いました。

まず梅収穫。

ご近所の梅の木をお持ちの方にご協力いただき梅を取りに行きました。

こちらはその梅の木です。

P7080771.JPG

 

きれいに洗ってあく抜きをして、ヘタの黒い部分をつまようじでとりまして、フォークで穴をぷすぷすあけます。

おいしい梅エキスが出てくるようにと心をこめて、おいしくなーれと声をかけます。

穴があいた梅たちです。

s-RIMG0093.jpg

 

その梅を1キログラムずつにわけて、同量の砂糖(白砂糖と三温糖)をピンに交互に入れていきます。

このときにも、おいしくなーれと心をこめて詰めていきます。

s-RIMG0099.jpg手前の少々激しい感じのビンが梅子です。

奥のおしとやかな感じのビンが蜜子です。

どうぞよろしく。

 

完成は10日後、7月17日です。

保管中も手間がかかります。

毎日マメにかき混ぜて、1日1~2回、瓶をゆすり梅と砂糖を混ぜ合わせないといけないようです。

おいしいものを作るには、やはり手間がかかりますが、完成が楽しみ、手をかければかけるほど愛情も湧いてきます。

これからの10日間は、すずしい蔵の中で保存します。

18日は、鹿野での片付けと打ち合わせの日となっていますので、この日には、梅子と蜜子をお披露目できると思います。

安井 仁美

2010-07-09

「楽園的絵画」実行委員会"第四回会合"

7月5日の月曜日、4回目の楽園的実行委員会が行われました。

この日は尾道での打ち合わせの報告、各担当者からの報告を行っていただき、チラシの最終校正などが協議されました。P7050769.JPG

偶然にもいあわせてくれた、4月から河内に在住している2人にも参加していただき会合がスタート。

 

尾道からのお土産、ネコノテパン工場のビスコッティーと河内の2人の手作りおからドーナツをいただきながら、会議が進みます。P7050772.JPG

次の会合は18日に予定をしているしかの心と作家3名たちが滞在する家の作業の後です。

気がついたらプロジェクトがスタートするまで一か月をきっていいて、時間の流れの速さにびっくりしています。

チラシももうすぐできあがり、封筒作成も尾道ですすんでいるようです。

看板などのデザインはこれからのようですが、どんなものができるか楽しみです。

その他の企画も徐々に固まりつつあり、やらなければいけないこと、実施までの準備を1つ1つ積み重ねている段階だと思います。

もうすぐです。いろんな意味でわくわくもドキドキもします。

次の報告はチラシ完成!!の日に。。

安井 仁美

2010-07-06

「楽園的絵画」実行委員会"第二・三回会合"

 6月18、22日に行われた第2・3回実行委員会の様子を簡単にご報告します。

チラシ校正が行われ、尾道の三上さんとのやり取りが頻繁におこなわれている時期でした。

鹿野の委員会メンバーは15名、忙しい時間をさいて仕事帰りにしかの心に集まってはテーブルを囲み遅くまで話をしていました。

その一場面です。

P6180478.JPG

 案内状を送るための封筒のデザインやスタッフカバン・ネームクリップのデザインなど、三上さんから写真を送っていただき委員会で確認をおこなったり・・・

fu-to.jpg

第3回の会議では、26、27日の尾道での打ち合わせを前に、主にチラシのことについて意見が交わされました。

みんなの想い、考え方をもって小林さんと前田さんは尾道での打ち合わせに向かいました。

足をのばして神山へのアーティストインレジデンスの視察にも行ってきたようです。

“食堂 ひかりのこども”の町出さん、ドリンク担当の多田さん、オープニングの音楽ライブをしていただくケイキさんと永井さんがおられるバンド、jimonoliveの練習風景などを見てきたりと、いろんな方との出会いがあったようです。

P6160449.JPG

 時にはこんな少人数の会議もありながら、少しずつではありますが、前進をしています。

第4回会合に続く。。

 

安井 仁美

2010-06-24

風博士LIVEに行ってきました。

620日の日曜日、若桜街道、本通りのパン屋さん「Le Cochon d’Or(ル・コションドール)」カフェスペースで、風博士のLIVEが行われました。

 

821日(土)の夜、オープニングのライブに出演いただく風博士が鳥取に来ているということで、楽園的絵画の委員会メンバー他、連れ添って行ってきました。 P6200516.JPG

 

 

 

風博士さんは温かい人、初めてお会いしてそう思いました。

トークもゆるく、音楽もゆるく、肩の力がスーと抜ける感覚を与えてくれる歌声とトークの持ち主でした。

 鹿野にはちょっとしたご縁があります。

じつは・・・

以前、彼は鹿野の越路ヶ丘にあるカフェぶなさんを訪れています。

そこで飲んだ珈琲の味、空間の雰囲気が忘れられなくて、「あなたのコーヒー」という曲をつくりました。

とてもストレートに、想いのこもった素敵な曲です。

その曲を披露してくれて、鹿野の話もしてくれて嬉しく思いました。

 

決まっている材料が少ない中ですが、こちらのお願い、風博士さんの想いをお聞きして、楽しんで向かってもらいたい、鹿野の人にも楽しんでもらうために、精一杯のおもてなしを行うことができればと思います。

 

ライブの後に鹿野でのライブの打ち合わせを行いました。

Le Cochon d’Orに、前売りチケットを置いてもらえることになったことや、新たな出会いができたこと、素敵な音楽との出会いに心が満たされて、ライブを含め今回の企画を創り上げていく意気込みが強くなりました。

 P6200524.JPG

 

8月に、彼の音楽を鹿野で聞くことができます。誰でも聞きにこれます。

 

最近移転した記念に開かれたライブ、広めのカフェスペースには幅広い年齢層の方が週末の夜、同じ空間で素敵な夜を過ごしました。

みんなで、一体感を味わいたい、感じたいと思います。

詳細についてはもう少し待って下さい。

会合の方も先週、第2回目の委員会を行い、少しずつですが、進行しています。

夏の夜、みなさんと風博士さんの音楽を鹿野の空の下、ご一緒できればと思います。

 

安井 仁美

2010-06-22

「楽園的絵画」実行委員会・第一回会合

11日の金曜日、「楽園的絵画(らくえんのかいが)」の第一回会合が行われました。

出席者は11名、この会合のために尾道から駆けつけて下さったAIRonomichiの三上さんを迎え、スタートしました。

 P6120356.JPG

 

以前、ブログで紹介させていただいた、“尾道との新たな展開が委員会の立ち上げによって本格的に始動となります。

 

お土産に持って来てくださった尾道のレモンを囲み、レモン水をいただきながら、これから行われる楽しいプログラムについてあれやこれやと話が盛り上がりました。

 

三上さんが初めて鹿野を訪れたのは、フォーラム「アートとまちづくりの幸せな関係を探るin鹿野」のとき、そのご縁で今回のような鹿野での新たな試みが行われることとなりました。

 ※フォーラムについての詳細はトップページの“フォーラム”をご覧ください。

 P6120359.JPG

 

 尾道の方々のご協力によって鹿野での“レジデンスサポートプログラム「楽園的絵画」”を行います。

尾道から3名のアーティストの卵が8月の一か月間鹿野に滞在し、制作、展示、その他のプログラムとしてワークショップ・クルーズ・オープニングイベントとして音楽や食事などのおもてなしを行います。

鹿野に訪れた3人にとって鹿野は「楽園」、彼女たちが描く作品が鹿野のまちにどのような影響を与えるのか・・・楽しみでなりません。

チラシができましたら、その際には改めて詳細をご案内させていただきます。

 

また、このプログラムの出来上がる過程を、今後もブログでお伝えしていきます。

過程をお楽しみいただいたうえで、ぜひ、8月には鹿野の「楽園」を一緒に感じ、発見していただけることができればと思います。

 

 

 安井 仁美

 

2010-06-13

最終更新日:2017年12月7日