鳥取県鳥取市鹿野 NPO法人 いんしゅう鹿野まちづくり協議会

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会

しかのeye

トップページ しかのeye >“しかの心”ギャラリー

“しかの心”ギャラリーのアーカイブ

★しかの心にお店OPEN★

ブログに書こう書こうと思っていたものの、遅くなってしまいましたが

しかの心のホール内にお店がOPENしました!!

omise1.JPG

今月初めあたりにはやっていたので、ご存じの方も多いかもしれませんね(*_*)

洋服、バッグ、食器、小物が並んでいます!かわいいっ(*´∀`*)

 

↓↓いろいろ写真を撮ってみました↓↓

omise2.JPG

omise3.JPG

omise5.JPG

ね?かわいいでしょ?(*^^*)

お店番の方が不在の時もありますが、開いている時にはどうぞ中に入って見てみてください♪

さらに購入したい時等には事務所やカフェの者をお気軽にお呼びくださいね(゚∀゚)

 

さらに、しかの心は可愛いものだけじゃないんです!

syokki1.JPG

syokki2.JPG

こんな渋めの食器たちもありますよ笑

掘り出し物が見つかるかもしれません★

 

コーヒーが飲める喫茶スペースもあります。

どうぞお立ち寄りください(^^)/

 

       \ぜひ来てね☆/

omise6.JPG

 

しかの心:鳥取市鹿野町鹿野1809-1

 

2016-02-26

小さなお店 OPEN&おすすめ夏パン!

 こんにちは。谷川です。

カフェ&ギャラリー「しかの心」さんのホールの一角に

小さな子ども服や帽子のお店「YOPPI」さんがOPENしています♪

DSCN4980.JPG

こ~んな可愛いスカートやズボンが、1,000円~2,000円くらいのお値段です!

DSCN4978.JPG

これからの季節にぴったりの、涼しげで可愛い服やグッズが置いてあります。

お孫さんや、友達の子どもさんにプレゼントするのも、喜ばれそうですね♪

DSCN4982.JPG

「しかの心」さんにお茶に来られた際は、ぜひホールの中にも寄ってみてくださいね♪

 

そして、おすすめ夏パンは、

「パン一心庵」さんのハチミツレモン!with「良ちゃんの手びねり」マグ(*^_^*)

DSCN4912-1.jpg

昨年よりボリュームアップでリニューアルしているそうです。

ハチミツに漬けてあるレモンの甘酸っぱさが、夏にぴったり!

この時期だからこそ、食べたい"夏パン"のご紹介でした~♪

記/いんしゅう鹿野まちづくり協議会:谷川

2013-07-18

意外と知らない、しかの心の掘り出し物市

今日は、日曜出勤しておりました。

朝、しかの心のスタッフさんと「最近洋服が表に出てなくて、見たくてもホールの中には入りづらいね」という話をしました。

もう、そうなったら模様替え大好きですから、早速メジャーを取り出して、入るの入らないのと議論を重ね(笑)3人でシャーッと移動してしましました。

P8050017.jpg

入って左手には小物の棚を移動しました。スリッパ入れも変わったんです!

これ以外に陶器やガラス製品もホール内にたくさん展示してあるので張り紙を添付。

遠慮無くホールへどうぞ!

P8050021.jpg

次は、入口左手にあった棚を重ねてTシャツ売り場に…。

P8050018.jpg

ほとんどがUSEDの古着なので、フリーマーケット価格の200円くらいからせいぜい高くて2,000円くらいの品物が並んでいます。(中には新品もあり)

P8050024.jpg早速、しかの心のお客様が帰りにTシャツ2点お買い上げ~!でございました。(^^)v

今時のおしりが隠れるチュニック丈のトップも300円くらいからあります。

P8050025.jpg

展示スペースがまち協入り口までの通路で狭いので、ギュギュっと並んでいますが、サイズが合えば超お買い得ですよん!鏡も置いてあるのでひとりファッションショー出来ます(笑)

古着なんてどうせちっちゃいサイズなんでしょ…なんてお思いの方、大きいサイズもあったりしますから寄ってらっしゃい!見てらっしゃい!

掘り出し物に出会えますよ~(^O^)/ 

 

あ、いけないいけない、お知らせが…

昨日から「鳥取まんが王国」のイベントにちなんで、しかの心でもおえかき会場を準備しています。暑いのもあるんですが、来場者がホント少なくて…( ;∀;)

参加費は、無料ですから是非是非訪れてみてくださいね~♪

以上ヒラタでした。

 

2012-08-05

鯉・あなご・鯉

こんにちは、山田です。

ぽかぽか陽気でも仕事大好き、働き盛りのあの山田です。お昼寝なんて大きらいです。

 
モーレツに仕事したので、気分転換にちょっとお散歩してみました。

城下町内を歩いていると、水路になにか泳いでます。
IMG_1044.jpg
あら、かわいい。鯉のぼりでございます。
誰がやってくれたのか知りませんが、なんかとってもかわいい。
泳いでる場所は秘密です。明日にはちょっと上流にのぼってるかもしれません。みなさんも探してみてください。


お散歩したらお腹がすきます。
お昼にするにはすこし早かったけど、ぼくらのような仕事人間にもたまには息抜きが必要だろうと、工藤くんと童里夢に入っちゃいました。
IMG_1048.jpg
童里夢では、3月から日替わり定食と日替わり丼をはじめたそうで。
前に食べようと思って行ったらもう売り切れちゃってて。

今日は12時よりだいぶ前だったので定食も丼も頼むことができました。
IMG_1054.jpg
あなごですよ。あなご。ぼくの大好きなあなごです。
小鉢も多いし、デザートもついてるしでお腹もふくれて贅沢な気分にもなれる。
IMG_1061.jpg
こちらは日替わり丼。今日は豚キムチ丼でした。育ち盛りのぼくらにぴったり。

この日替わりメニュー、週末には翌週のメニューが童里夢のホームページなどで発表されております(→コチラ)。好物がメニューにあったら早めの時間に行くのがおすすめです。
童里夢はゴールデンウィーク中も休まず営業するそう(仕事好きの山田もびっくり!)ですが、5月18日だけはお休みするみたいです。あしからず。

 
食後にもうひとつお知らせ。
しかの心で「端午の節句展示」やってるの知ってましたか?

鯉のぼりや兜はもちろん、立派な絵柄が描かれた大のぼりや、浜村の美山(びざん)先生の描いた和凧の絵なんかも飾ってます。
どさくさに紛れてお相撲さんの化粧まわしもあったりします。すげー盛りだくさん。
IMG_1082.jpg
こういう立派なのが家々からごろごろ出てくる鹿野ってすごい。

噂によるとこれ、その家の男子が6歳になるまでしか飾らないんですってよ。
やーもったいない、というわけで。


端午の節句inしかの心

期間:5月16日まで
   10:00から16:00(火曜定休)
場所:しかの心ホール(お堀のすぐそば)

もちろん入場無料です。どーんとお越しくださいませ。
IMG_1083.jpg

山田

 

2011-05-02

12月19日は「しかの心」で

みなさんこんにちは。
忘年会の季節がやってきました。

いんしゅう鹿野まちづくり協議会では、12月19日に忘年会を行います。
コンサートあり、無銭飲食ありの楽しい忘年会です。
会員も会員以外の方も、ぜひぜひお気軽にお越しください。

bounenkai.jpg


コンサートも、無銭飲食もあります。
ふらっと来て食うだけ食って帰るものありですよ~


ひにち・2010年12月19日(日)

じかん・18時30分~ 今村信悟コンサート
    20時00分~ 会食・お疲れさま会

ばしょ・しかの心

おかね・無料



工藤

2010-12-14

ひーくん&みーくん 本番

11月27日の夜、お堀端のしかの心にて、武部&岡田によるコンサート『願い』が行われました。
 

DSCF2014.jpg

 

岡田さんは、おだやかな笑顔に赤いシャツをプラスして、指がつったりしながらもうたいます。
 

DSCF2003.jpg

一方の武部さん、おニューのチェックのシャツを着て、いつもより饒舌だなと思っていたら、案の定ちょっぴり赤ら顔です。

DSCF2006.jpg

あたたかいお茶やコーヒー、おにぎりにパンケーキ、干し柿までふるまわれながらのコンサート。
途中で尺八が入ったり、武部さんがバンジョー弾いたり、夫婦とうたったり踊ったり。

今回も、やっぱりとってもにぎやかなコンサートでした。
 

DSCF2014.jpg


※注 一部、掲載されている写真と文がくい違っている箇所がありますが、おマヌケ工藤が写真のデータを誤って消去してしまったためで、お使いのパソコンの故障によるものではありません。ご安心ください。
 

追記

このブログを読んだ心優しい方々が、ぼくらに写真を提供してくれました。感謝いたします。

以下にホンモノの本番写真を掲載させていただきます。

P1011579.jpg

 

P1011580.jpg

 

DSC02653.jpg

 

みなさんどうもありがとうございました。

山田

2010-12-01

ひーくん&みーくん

みなさんお待たせしました。
23日夜、河内のアビーロードスタジオ(武部さんちの離れの二階)にお邪魔して、鹿野のママス&パパス(武部&岡田)に、わたくし工藤玲央がインタビューをして来ました。

長文になりますが、最後まで読んでも別にいいことはありません。
言いたいことは、11月27日の武部&岡田のコンサート、きっと楽しいからみんな来てね、ってことだけです。
でも、頑張って書くから、頑張って読んでくれたら嬉しいです。

DSCF2014.jpg

 

練習終了後に雑談をしているママス&パパス(武部&岡田)feat.尺八の小林さんを直撃。
ちなみに、ママス(武部)と小林さんは、早くもお酒をあおってます。。。

薪ストーブの話を無理矢理打ち切ってインタビューに入ろうとしたところ、パパス(岡田)の電話が鳴り、パパスは退席。
しょうがないのでとりあえずママス(武部)に話を聞きました。

Q.二人が一緒にやるようになったきっかけは?
A.「岡田は元々ハードロックをしていたが、結婚を機に奥さんにエレキギターを禁止され、悶々としていた。その頃ホットピア鹿野では閉館の際に「蛍の光」ではなく、武部のオリジナル曲「ふりむけば鷲峯山」を流していて、岡田はそれを偶然耳にしていた。
悶 々としていた岡田は、別の表現活動でエレキギターへの未練を吹っ切ろうと、鹿野ふるさとミュージカルに参加する。そこで偶然知り合った武部があの「ふりむけば鷲峯山」の作者だと知り、意気投合。奥さんに「アコースティックならまた始めてもいいよ」と許可をもらい、1994年くらいにコンビ結成」(武部)

DSCF2003.jpg


どうですかみなさん、知ってましたか。岡田さんの過去を。
こんなにいいパパっぽいのに、ハードロックですよ。たぶん、シャウトとかしてたんですよ。
奥さんに禁止されるくらいハードなロックをしてたんですよ。ハードロック時代の岡田さん、見てみたいですね~。

さて、インタビュー再開です。

Q.つい口ずさんでしまう自分たちの曲は?
A.「ない」(武部)
Q.今回のコンサート、新曲はやりますか?
A.「やらない」(武部)
Q.今回のコンサート、今までと違うところは?
A.「ない」(武部)
Q.じゃあ、、、座右の銘は?
A.「ない」(武部)

DSCF2006.jpg


気難しい大物ミュージシャン武部仁(52)は、つまらないインタビューに早速飽きてしまったようです。
しかし僕はくじけません。青森のお母さん、見てますか。ぼく鳥取でがんばるよ。

Q.武部さんってすごくGパンが似合うと思うんですけど、音楽を始めたきっかけは?
A.「中2の時、中津川フォークジャンボリーのレコードを聞いて「これならおれでもできる」と思って」(武部)
Q.武部さんっていつまでも少年の心を持ってるって言うか、最近買ったCDは?
A.「中津川で40年活動してる我夢土下座の「COME TOGETHER」。田舎で頑張って情報発信をしてる人が好き」(武部)


お、適当にゴマをすってみたらちょっとずつ答えてくれるようになりました。
見てる?お母さん。玲央くん頑張ってるよ。

ここで電話を終えた岡田さんが戻って来ました。
元ハードロッカー岡田実(公務員)も、ここからインタビューに参加。

Q.奥さんを愛していますか?
A.「ここのメンバーは当然みんな愛してるよ」(岡田)
 「そんなの愛してると言うしかないがな」(武部)
 「愛してるに決まってる。まあ、何パーセントかっちゅうのが問題だけど。。。」(小林)


完全に酔っぱらった小林さんの発言がちょっとはみ出し気味なので、無視して次の質問に。

Q.当日、奥さんは来ますか?
A.「来る」(岡田)
 「来る」(武部)
 「うちの(奥さん)まで来るって言いよるで。。。」(小林)


やっぱり小林さんの発言はちょっとはみ出し気味なので、再度無視して次の質問に。

Q.今一番欲しいものは?
A.「(即答で)カネ
」(武部)
 「なんだろう。。。やっぱり、時間かな」(岡田)
 「薪ストーブを買っても苦にならんほどのカネ
が。。。」(小林)

岡田さんの答え、きれいですね。ほれぼれします。どぶ沼に咲く蓮のよう。

残念なことにここで岡田さんは帰宅。
さみしいけど、忙しいからしょうがないですね。最後にひとつだけ質問。

Q.鹿野のおすすめスポットは?
A.「たくさんあるけど、、、奥さんを初めて鹿野に連れて来たときに一緒にのぼった城山かな」(岡田)


岡田さん、素敵すぎます。いつかゴミ集積所で見た真っ白なハトのようにきれい。
岡田さん、生まれてくれてありがとう。ぼくが今一番欲しいものは、「岡田さんが好きなことをやれる時間」かな。。。

さて、もう酔っぱらいしか残っていないので、次の質問で最後にします。

Q.最後の質問です。今回のコンサートのサブタイトルが「願い」ということですが、「願い」はなんですか?
A.「子どもたちが楽しく生きられる未来に。夢を見られる未来に。それだけ」(武部)
 「世の中をいい状態で次世代の子どもたちに手渡したい。それしかない」(小林)


油断してました。感動してしまいました。酔っぱらいが、いいことを言いました。
さっきは「どぶ沼」とか「ゴミ集積所」に例えてしまってごめんなさい。
あれはインタビューを盛り上げるためにわざと酔っぱらいの振りをしてくれていたんですね。気づかずに軽蔑しちゃってごめんなさい。
最後、ビシッとしめてくれてありがとうございます。
お母さん、ぼくはこんな素敵な人たちに囲まれて、鳥取で楽しく暮らしているよ。

さて、そんな素敵な人たちによるコンサート、ついに迫ってきました。
みなさん、優しさに包まれた暖かい時間を過ごしましょう。

【武部仁&岡田実アコースティックコンサート'10 in しかの心】
日時・11月27日(土)18:30~
場所・しかの心
料金・1000円


インタビュー終了後、おにぎりや肉じゃがをいただきながら雑談をしました。
「毎日やってると飽きる。たまにやるからずっと続けられる」とか
「テクニックじゃない。気持ちを込めてプレイするといい反応がある」とか
「アレは3つ知ってたら充分。48個もいらない」とか、
ギターに関するありがたいお話もたくさん聞かせていただきました。
ギターの話をしてるにしては顔が下品すぎるような気がしたのですが、たぶん僕の思い違いです。
間違いなくギターに関する話です。酔っぱらっても心は錦、素敵な人です。

最後まで読んでくれた人、ありがとうございました。
コンサート楽しみですね〜

工藤

2010-11-24

蚤の市&お堀端コンサート!

10月16日、わったいな祭りで行われる蚤の市のために、空古民家からいただいた品々を運びました。

DSCF0574.jpg

そんな作業に、尾道から助っ人がひとり。

夏に行われた「楽園的絵画」で、空古民家に川を通すというユニークな作品を作った大倉さんが、お手伝いにやってきてくれました。

「いただきます」をしているのが、ユニークでおなじみの大倉さんです。

DSCF0565.jpg

しかの心に運ばれた品々は大倉さん等ボランティアの手によって磨かれ、しかの心ギャラリーに並べられました。

 DSCF0573.jpg

蚤の市は、わったいな祭り 殿町会場 しかの心で、以下の日程で行われます。

10月23日(土) 10:00~16:00

10月24日(日) 09:00~15:00

また、10月24日(日)12:30 からは、お堀端で地元の人気ミュージシャン、カマタニ&ヤマナ、武部&岡田によるアコースティックコンサートも行われます。

nominoichi.jpg

蚤の市は10円から叩き売っちゃってますし、コンサートは無料です。ぜひ足を運んでみてください!

※蚤の市での収益の一部は、空古民家活用のための資金としてつかわせていただきます。

 

工藤

2010-10-20

風薫る 5月

良いお天気になりました。

ゴールデンウィーク、5日までは天気が続くようです。

鹿野城址のお堀端、新緑がきれいです。白鳥もスイスイ気持ちよさそう!

 

DSCN1167.JPG

「しかの心」では「端午の節句展」をやってます。

DSCN1171.JPG

鹿野小学校いけ花クラブの皆さんのお花もきれいです。

DSCN1174.JPG

そして、鳥の劇場では「老貴婦人の訪問」と「葵上、熊野」を日替わり上演。14:00開演です。.

DSCN1170.JPG

のんびりと鹿野の町並み、お堀端を散策したり、鳥の劇場を楽しんだり…。                     そんなゴールデンウィークはいかがでしょう?

武部 仁

2010-05-01

ひな祭り

2月24日(水)から3月8日(月)までカフェ&ギャラリー「しかの心」でひな祭りの展示が開催されました。
地域の方々が持ってきて下さったいろいろな時代のお雛様や人形で華やかに彩られました。

hitomi.jpg

江戸時代のものから一番新しいものは平成生まれの女の子のひな壇。
子どもさんに買ってあげたものや、自分で買ったもの、小さいときに一緒に遊んだ市松人形や箱に入った立派な踊り子の人形、様々な人形が並ぶなか、訪れたお客さんは女性が多く、お友だち同士で来られた方は思い出話に花が咲き、盛り上がったり、おかあさんに連れられた女の子は、「これ、かわいい」と指さしたり、「こわい!!」と泣き出してしまう子もいました。
日本海新聞にも取り上げていただき、新聞を見てきて下さって来てくださった方もおられ、週末はとても賑やかな日となりました。


「今日は同窓会なの。」とおめかしをした女性3人組は、お雛様をみながらいっそう話が盛り上がるご様子、お雛様を見られた後はカフェで珈琲が定番です。

桜の季節になるとお抹茶と期間限定の桜もちがおすすめです。

人形たちも10年ぶり、いや、もう30年はたっている・・・と久しぶりの日の光り、お披露目ということで、笑みがこぼれとてもやわらかな表情をしているように見えました。

hitomi_01.jpg

女性陣で準備をして、「これはどこに取り付けるの?」「あー!!首が!!」「昔のものは取れるようになってるのよ。」と笑い声が広がります。

ついついたいぎくなってしまい年々お雛様の顔を見る機会が減ってしまいがちですが、せっかくのお宝を皆さんにみていただくにはとてもよいきっかけとなっています。
出していただいたことによって見に来て下さった方の家族の会話、友だち同士の話題が広がることはとても嬉しいことです。

来年はぜひうちげもという方、募集しております。
ちなみに5月は端午の節句、男の子の祭。
5月人形が並び、鯉のぼりが空を舞う予定ですので、こちらもお楽しみに。

同じ時期に、「ゆめ本陣」でもお雛様が飾られました。
こちらは手作りのお雛様やそれに合わせた小物などが多く、紙や布、はまぐり型や毬など様々な作品で訪れた方を楽しませて下さいました。

hitomi_02.jpg
icon_03.gifひな祭りのチラシはこちら(PDFダウンロード)

 

2010-03-09

最終更新日:2017年12月7日