鳥取県鳥取市鹿野 NPO法人 いんしゅう鹿野まちづくり協議会

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会

しかのeye

2013年2月のアーカイブ

「亀井踊」継承のためのDVDの撮影が行われました

2月17日「亀井踊」継承事業として鹿野往来交流館「童里夢」にて
「鳥取市西部地域文化活用実行委員会」の主催のもと
亀井踊保存会の皆さんによってDVDの撮影が行われました
kameiodori.JPG

「亀井踊」はおよそ400年前、
鹿野城を治めていた亀井茲矩公が
金剛城の兵主源六を歌と踊りの計略で打ち破ったときに、
これを讃えて城下で踊られた古くから因幡地方に残る
「はねそ踊」の
伝承ともいわれ鳥取県指定無形民俗文化財に指定されています

歌唱、傘降り、踊、太鼓によって構成されており
亀井踊保存会の皆さんを中心に
今も大切に伝承されています

記/いんしゅう鹿野まちづくり協議会:佐々木啓充

 

2013-02-18

Mareka&Junjiデュオライブ開催

2月10日(日)「しかの心」で鷲峯おろし音楽実行委員会の主催にて
「Mareka&Junjiデュオライブ」 が開催されました
marekahunji.JPG

約100名の観客がお二方の演奏に酔いしれました

・内藤希花(フィドル・ハープ)
 6歳からクラシックヴァイオリンを始める
 現在医学部の学生として学びながら
 第一線のアイリッシュフィドラーとして活躍

・城田純二(ギター・バンジョー)
 高石友也とナターシャセブンのバンジョー奏者として活躍
 90年代初頭から第一線アイリッシュミュージシャンとして
 アイルランド、米国でも活躍


記/いんしゅう鹿野まちづくり協議会:佐々木啓充

2013-02-10

「しかの心」の建物保存に力をお貸し下さい!

sikanogokoro.JPG 
鹿野城跡公園のお堀のそば、「カフェ&ギャラリー しかの心」は昭和8年、当時の養蚕組合の方々のご苦労により、亀井家のお力添えもいただいて、鹿野町の産業振興のため稚蚕飼育所として建てられた建物だと聞いています。
 
その後、公会堂、城東青年学校、城東実践女学校、鹿野中学校、保育所、県立青谷高等学校分校、公民館、教育委員会、縫製工場などと色々な使われ方をしてきました。その時代、時代に多くの人々が関わり、鹿野の人達にとって思い出の詰まった大切な建物になりました。
 
平成19年、私たちはこの建物を残すため、株式会社サラベル鹿野を設立し、
多くの方に出資いただいて土地、建物を購入しました。
喫茶スペースでは、地元鬼入道で焙煎された「まる達珈琲」やスタッフ手作りケーキなどを
提供し、ホールではコンサート、展覧会、フォーラムなど、様々なイベントの会場として
色々な年代の方にもご利用いただいています。
ところが、昨年4月の大風で屋根瓦がたくさん吹き飛ばされるという大被害を受けました。 
とりあえず応急処置でしのいでいますが、築80年を経過しており、瓦をすべて取り替え屋根地も改修しなければ、またいつ大きな被害が出ても不思議ではない状態だそうです。
 
そこで、今後も「しかの心」を維持・活用していくために、二階やホール奥のバックスペースを、チャレンジショップ、サテライトオフィスとして貸し出す計画です。そのための改修計画に対し
鳥取市からも財政支援をいただけることになっていますが、何分屋根の面積が広いこと、この建物の特徴でもある屋根の傾斜の厳しいこと等から、総額600万円の内300万円が
必要となり大変苦心しています。
昨年末より、「瓦募金」として1口5000円の資金援助をお願いし、現在約100名の方に
ご協力いただいて約80万円集まっています。大変厚かましいお願いではございますが、
趣旨をご理解いただき1口でなくとも、いくらでも結構ですのでご協力よろしくお願いします。
 
募金方法につきましては、
「しかの心」(℡0857843801
「いんしゅう鹿野まちづくり協議会」(℡0857841188
「ファミリーショップササキ」(℡0857842203
に直接お持ちいただくか、
ご連絡いただけば振込み用紙をお持ちするか、いただきにあがります。
ご連絡お待ちしています。
 

                         
株式会社 サラベル鹿野

                         代表取締役社長 佐々木千代子
                                                  代表取締役   田中  文子

 
2013-02-08

まち協の「節分」大盛況でした

2月2日(土)しかの心にて毎年恒例のまち協の「節分」をとり行いました!
約40名のこどもたちが集まってくれて大変盛り上がりました(^^)

setubunsyuugou.JPG

今年はみんなでアイタクサ(柊鰯)をつくったり、節分お化けにちなんでお面をつくったりしました

setubunworkshop.JPG

また節分を開催するにあたり
気高で絵画教室をしている山根さん、鹿野でデザインオフィスをはじめられた松さん
加知弥神社の宮司の飯田さん、南瓜の料理の提供で夢こみちさんにご協力頂きました
ありがとうございました

setubunoni.JPG
恒例の豆まきでは勇敢なこどもたちの力で今年も悪い鬼をおいはらうことができました!

「今年も鹿野のまちに悪いことが起こらず、良いことがたくさんありますように」

記/いんしゅう鹿野まちづくり協議会事務局:佐々木啓充

 

 

 

 

 

 

 

2013-02-05

今年の鹿野は雪が少ないです

今年の鹿野は雪が少ないですよ
sikanokokoro.JPG
青空が広がる日もあります
ohori.JPG
これから春に向かって徐々に暖かくなっていくと思います
休日は是非鹿野のまちなみに癒されにきて頂きたいです

記/いんしゅう鹿野まちづくり協議会事務局:佐々木啓充

 

2013-02-01

最終更新日:2017年12月7日