鳥取県鳥取市鹿野 NPO法人 いんしゅう鹿野まちづくり協議会

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会

しかのeye

2011年12月のアーカイブ

冬の登山

みなさんこんにちは。工藤です。

すっかり雪が降り積もったとある日曜日、鷲峰登山に出かけました。

IMG_5335.jpg

 けっこう寒くて、死んじゃうんじゃないかと思ったから、念のため遺影用の写真を撮影。

頼りになるリーダー、全国1億3千万の副担任、長谷さん。

IMG_5341.jpg

 

革命を起こす兆しはまだ見えない鳥取のチェ・ゲバラ、森さん。

IMG_5342.jpg

 

あいかわらず派手な山田さん。

IMG_5343.jpg

 

この時点でもう帰りたい工藤。

IMG_5344.jpg

遺影用ということで、みんな最高の笑顔です。

 

意気揚々とスタート。

ランニングシューズで参戦した工藤がフットワークの良さを見せ、先頭をひた歩きます。

2011-12-11 09.10.59.jpg

 

五分後、さっそく工藤のエアマックスに雪が滲みはじめて、工藤は最下位へ転落。

IMG_5356.jpg

 

工藤の足はもうべちょべちょ。くるぶしソックスをはいてきてしまったため、足首からも雪が入ります。

先頭集団から20メートルの差をつけられ、「このまま帰っちゃおうかな」という想いが頭をよぎります。

2011-12-11 09.27.18.jpg

 

工藤の異変に気付いた副担任、長谷さんのはからいで小休止。

記念撮影をしました。

IMG_5363.jpg

 

 その後、完全な雪山、山道が続きます。会話はほぼなし。みんな、遺言を考えていたんだと思う。

そんな時、頂上まで残り2,9キロという看板が出現。「半分来たぞ!」と、みんなに笑顔が戻ります。

IMG_5379.jpg

 

残り2,9キロの看板から1時間くらい歩いて、そろそろ着くかな、と思った頃に、

また「頂上まで残り2,9キロ」の看板。

「ふざけんなよ!」「こっちは命懸けだよ!」「もう休憩だ休憩!」

IMG_5387.jpg

2011-12-11 09.19.39.jpg

IMG_5386.jpg

リーダー長谷さんが、天に召されそうになっています。「寝ちゃだめだ!」

 

ここから1時間くらい、完全に命懸けだったので、写真を撮る余裕はありませんでした。

工藤はことあるごとに「救助のヘリを呼ぼう」と訴えましたが、

長谷リーダーに却下され、ふてくされながら登りました(エアマックスで)。

 

結局登り始めて3時間半くらいで頂上に到着。

1億3千万の副担任、長谷さんがおじいさんのようになってしまいました。

IMG_5392.jpg

頂上では素敵な出会いがあり、登山好き夫婦にあったかいコーヒーをいただきました。

IMG_5397.jpg

みんなテンション低いけど、とりあえず記念写真を撮影。

IMG_5403.jpg

 

帰りはダッシュで駆け降りました。

途中、森選手がヒザの違和感を訴えたり、各選手平均8回の転倒はありましたが、一秒でも早く下界に降りたい一心で、とにかく、がんばりました。

2011-12-11 13.48.00.jpg

どうですか?みなさん、冬の鷲峰山に登ってみませんか?

僕はもう二度と登らないけど、自信を持っておススメします。

 

工藤

2011-12-21

最終更新日:2018年2月22日