鳥取県鳥取市鹿野 NPO法人 いんしゅう鹿野まちづくり協議会

NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会

しかのeye

2010年5月のアーカイブ

「ちゅうごく街道交流会議」出席。

527日の午後から「ちゅうごく街道交流会議」が広島県で行われました。

P5270341.JPG鹿野往来は平成16年に“夢街道ルネサンス”の認定を受け、今回は「風景街道・夢街道の更なる向上を目指して」というテーマでパネルディスカッションのパネラーとして佐々木千代子さんが出席されました。風景街道、夢街道ルネサンス認定地域の方々、中国地方整備局の方などとの交流を深め中国地域での情報交換、それぞれの地域にかける想いや課題などの話がディスカッションで議論され、その後の交流会でも密な話が行われていました。

P5270350.JPG

 

ちなみに、“夢街道ルネサンス”とは、

歴史・文化・自然を再発見するとともに、それらを活かした地域づくり、みちづくりを地域が主体となって展開していけるよう支援していくものです。

今年度も新しく4つの認定地域が授与されました。

「みち」と「地域」と「ひと」が一体となって発展していくことの重要性を謳っています。

 

日本風景街道”とは、

景観、自然、歴史、文化等の地域資源を活かした国民的な原風景を創成する運動を促し、以って、地域活性化、観光振興に寄与し、これにより、国土文化の再興の一助となることを目的としています。

もともとは、シーニックバイウェイ(Scenic Byway)が原点とされているようで、景観や自然環境に配慮し、地域の魅力を道でつなぎながら個性的な地域、美しい環境づくりを目指す施策です。広範囲で展開する魅力的なルートのことで日本では北海道が第一号に認定されているようです。

 それにしても、広島はほんとうに遠いですね・・・

運転手さん、お疲れ様でした。

  

新たな“つながり”ができ、鹿野PRができた収穫ありの一日でした。

 

安井 仁美

2010-05-29

すげの会レポート

22日の土曜日、鹿野往来交流会では「すげの会第21回全国大会」が行われました。

 

 

「すげの会」とはスゲ属植物を中心とするカヤツリグサ科植物の情報交換を目的として発足したグループで全国に会員315名がおられ、現在30名程度で活動されています。

 

毎年開催される全国大会では研究発表、採取会、標本同定会等が行われ、今年は鹿野での開催ということで、昨年月に結成した「鹿野すげ笠を守る会」の方からすげ笠の紹介、団体の発足等についての活動紹介が行われました。

P5220297.JPG 亀井公によって鹿野に根付いたすげ笠は副業として作成に従事し、戦後から昭和35年ごろにかけて最盛期を迎え、他県や海外にまで輸出されていました。

ところが、昭和40年代以降ビニールやナイロンの普及とともに衰退し、作成者も減少。

消滅寸前だった4、5年前に技術の伝承を推進するため、結成されました。

 

すげ笠の販売も行われ、鹿野のすげ笠を全国に発信するよい機会となり、地元の方も含めたくさんの方が来場された賑やかな会となりました。

 P5220280.JPG

世の中にはいろんな専門家がおられるのだなぁと感心させられるばかりでした。

安井 仁美

2010-05-24

ぞうさんがやって来た!!

今日は旧暦の4月8日、お釈迦様の誕生を祝う日です。

P5210274.JPG鹿野町では、仏教会の皆さんが主催して張り子の白象が町内を1周します。

今年で56年目、伝統的な行事です。

 

 

キリストさんの誕生日は子どもたちもよく知っているのに、お釈迦様の誕生日はあまり知られていない、これではいけないと始めたのがきっかけとのこと。

 

こじか園の子どもたちが、レンゲの花で飾られた小さなお釈迦様の像に甘茶をかけて手を合わせています。そして、ご褒美にキャラメルをいただきます。

 

 

 P5210282.JPG

子どもの頃、この象さんが来るとキャラメルがもらえるのが楽しみだった。

 

 

お釈迦様の誕生日は覚えてなくてもキャラメルのことは覚えてるふつつかな私です。

 

武部 仁

 

 

 

 

 

 

2010-05-21

なくなりつつある風景

          

10日ほど前の河内集落での1コマです。

 

ぺったん、ぺったん、鍬で田んぼの土をすくってはあぜに塗っていきます。

かなりの重労働で、腕や腰がだんだんと痛くなってきます。それでも、ゆっくり、ゆっくり、塗っていきます。

DSCN1175.JPG 

塗りおえたら、ぺったん、ぺったん、上から鍬で土を叩いて、横からも叩いて、土を固めていきます。あぜつけ作業はぺったん、ぺったん、の繰り返しです。

 DSCN1182.JPG

そして、上から鍬でスーッとなるめて、横からもスーッとなるめて、あぜつけの完成です。

わずか20メートルほど塗るのに1時間くらいかかります。

 DSCN1183.JPG

年々、作る人の高齢化もあり、手作業であぜつけする田んぼが少なくなっています。

作業効率からいうと、塩ビでできたあぜシートを張った方が作業が楽で早い。また大きな田んぼでは機械であぜをつけています。

 DSCN1186.JPGのサムネール画像

後5年もすれば、このようなあぜつけの風景はなくなってしまうのだろう…。

時代の流れといってしまえばそれまでですが、なんか寂しい感じがします。

 

手作業でつけたあぜは何ともいえず美しい。

お金には換えられない素晴らしい田園風景です。

 

武部 仁

2010-05-19

ようこそ、尾道御一行様

15、16日の週末、前回の「アーティスト・イン・空き家」でワークショップをしていただいた三上さんが仲間を連れて鹿野に来て下さいました。

 

8月に制作活動を行うための下見です。

まだ詳細はあきらかではないので詳しいことは報告できませんが、徐々に明らかになってくると思いますので楽しみにしていてください。

 P5150326.JPG

1日目は制作活動を行うための場所をいくつか見て回り、夜には“夢会”にも出席していただきました。

 

夢会ではたくさんの方に出席していただき和やかな雰囲気の中「AIRonomichi」の活動報告、尾道の空き家に住み始めて約一か月半の女性2人から改修の経過報告、スタートした暮らしぶりについて話を聞きました。

 P5150383.JPG

夢会の後には尾道から来て下さった方たちの歓迎会を“薫風亭”(ルームシェア―をして暮らす私の家)で賑やかに行いました。

その中では普段聞くことのできない本音の話を聞くことができ、お互いの関係が近くなった気がしました。

 

 

2日目はまちの中を歩いて回り、城山の上から鹿野のまちを眺めました。

 アーティストの方たちの感覚は、わたしとは違っているようで、散策しながらそんなところ全然気づかなかった・・・と思うようなところがおもしろいと言ったり、片付いていない部屋や庭を見て目を輝かせていたり。

一緒に歩いていてビックリさせられてばかりでした。

それがとてもおもしろく、新たな発見を楽しみました。

 

鹿野のおススメの場所を全部回り、おいしいものをたくさん食べて、制作場所の下見もしっかりしていただいてしめは橋本牧場のジェラートをみんなでほおばりお見送りしました。

 

 「また夏に会いましょう!!!!」

 

 鹿野の新たな展開にこうご期待!!

 

P5160422.JPG

 

 

安井 仁美

 

2010-05-18

交流館への訪問者

交流館の竣工式から2ヶ月がたちました。

先月からソフトクリームの提供が喫茶ではじまり、展示スペースの鹿野写真展は今日で終了し撤去作業がおこなわれていました。

展示品やパンフレット、案内表示も少しずつ増え、グランドオープンの準備が着々と進んでおります。

 

鯉のぼりが泳ぐ館内、小さな子どもがそれに驚き声をあげながらおかあさんに買ってもらった黒ごまソフトをおいしそうに食べていました。

 

 P5110258.JPG

  

そんな穏やかな時間が流れる喫茶では、智頭から移住定住推進員の方が来られて長尾館長(まちづくり協議会理事長)から鹿野のまちづくり、まちづくり協議会発足の経緯などのお話をうかがっておられました。

 

 P5110254.JPG

 

「智頭での移住定住を推進するためにどのような活動を行っていくべきか・・・」という話から、「地域活動の結果が移住定住であって、それまでの経過が大切、どこまでも地域が光ること!!小さなことでいいから何か足跡を残すことが出来ればよいのではないか。」と答える長尾館長。

 

今まで鹿野の魅力を追求しどのようにして鹿野の人が楽しみながら人に来てもらうかということを考えてきた長尾館長からの言葉は、就任して一ヶ月足らずの若い智頭の職員さんにとって力強いエールとなったのではないかと思います。

 

 

交流館でのとある日常ひとこまレポートでした。

 

 

安井 仁美

2010-05-12

梶掛集落

鹿野町の北端、気高町と接している梶掛集落。

 

戸数は17戸、戸数も人口も昔からそんなに変わってないとのことです。

 

集落の北寄りの民家のすぐ裏手の石段をあがると、集落の氏神様「三平神社」があります。

お正月には皆がお詣りし、その年の健康と豊作を祈願するそうです。

 DSCN1275.JPG

集落の前には、明治33年に耕地整理された水田が広がっています。田圃では二番耕しの作業,これから代掻き、田植えと忙しい日々が続きます。

 DSCN1282.JPG

DSCN1285.JPG各家には自家用の畑があり、タマネギもこんなに大きく育っています。

そして、ソラ豆、エンドウ豆、じゃがいもなど、季節ごとにいろんな野菜を作ります。

「畑にでるのが楽しみですけえなぁ」とお話を伺ったおばあさん、今年90歳になられたそうですがまだまだお元気です。

 DSCN1280.JPG

 

 

 

月並みですが、こんな素敵なおばあさんの暮らしておられるところって、やっぱり素晴らしい !

 

 

武部 仁

2010-05-08

風薫る 5月

良いお天気になりました。

ゴールデンウィーク、5日までは天気が続くようです。

鹿野城址のお堀端、新緑がきれいです。白鳥もスイスイ気持ちよさそう!

 

DSCN1167.JPG

「しかの心」では「端午の節句展」をやってます。

DSCN1171.JPG

鹿野小学校いけ花クラブの皆さんのお花もきれいです。

DSCN1174.JPG

そして、鳥の劇場では「老貴婦人の訪問」と「葵上、熊野」を日替わり上演。14:00開演です。.

DSCN1170.JPG

のんびりと鹿野の町並み、お堀端を散策したり、鳥の劇場を楽しんだり…。                     そんなゴールデンウィークはいかがでしょう?

武部 仁

2010-05-01

最終更新日:2018年2月22日